FC2ブログ
プロフィール

ひめはるぜみ(多摩)

Author:ひめはるぜみ(多摩)
故郷 多摩地区を中心に 食べ歩いたお店や料理を中心に描いています。最近のコンデジはレベルがあがり、写真の技術が伴わずピンボケ写真になっていますが、それも 愛嬌。ご容赦ください。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

来店者数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

多摩 我が愛しのお店②
東京多摩地区を中心に 楽しいお店・美味しいお店・あれっ?なお店を書いています。私の主観による感想で、情報提供をするサイトではありません。私の忘備録の日記です。
小平市「佳蕎庵」でランチセット(岩手県陸前高田市広田湾の牡蠣)
毎日、家で私の帰りを待っている家内に、
休みの日には何か美味しいものを食べさせてやりたい。

候補を青梅街道駅の「佳蕎庵」にした。
午前中の買い物が終わってSNSをチェックしていたら
「佳蕎庵」が「広田の牡蠣」があると投稿していた。
なおさら行かなければならないと、午後1時半近くに店に滑り込んだ。
190207小平佳蕎庵001R
店内は五分の混み具合だ。
グループで来ている者、一人で来ている者。広い客層は
蕎麦好きが集まる典型的な人気店である。
190207小平佳蕎庵007R
家を出るまでは「本日のづけ丼セット」を食べようと思っていた。
しかしSNSの情報を見て、「カキの衣揚げ」に変更していた。
厨房からチリチリ音が聞こえてきたら
カキの衣揚げができた証拠だ。
190207小平佳蕎庵008R
丼ごはん、とろろ昆布の汁、白菜漬物、沖縄の生?もずく。
そしてサラダが出てきた。
牡蠣は大きい中にもばらつきがある。
190207小平佳蕎庵011R

190207小平佳蕎庵015R
これだけ食べれば十分だなと思う頃、
蕎麦が運ばれてきた。
セットの蕎麦で薬味は、ネギと大根おろしと山葵である。
辛汁には大根おろしが合う。
ただし私の好みはもう少し甘みが強く全体的に濃い目なものだ。
蕎麦に山葵を塗って、濃い汁を付けてずずっと吞み込みと
蕎麦の甘み、汁の甘みと濃くが口の中で混ざり合って
素晴らしい口の幸せとなる。
190207小平佳蕎庵017R
さて、一口飯を食べ出すと
御飯が何という旨さだ。
米屋がブレンドした米を4升炊きの瓦斯窯に少なめに入れ
炊くだけですよと、ご主人はさらりと流すが
ゴマ塩だけでどんぶり一杯食べられそうだ。
190207小平佳蕎庵019R
大きな岩手県陸前高田市広田湾の
剥き牡蠣を衣揚げにして
自家製のタルタルソースで食べさせる。
旨い。
牡蠣は生で食べるより火を入れたほうが旨いというのが
私の意見だ。
190207小平佳蕎庵020R  
美味しいものを腹いっぱい食べられて
何と幸せなことだろう。

追伸:店の前のコイン精米機があった場所が
コイン駐車場になっていた。

2019年2月7日のランチタイムの訪問

以前の訪問記事はこちらから

食べログの情報はこちらから

このサイトの著作権は著作者のひめはるぜみにあり、
文章・写真の転用を一切お断りしております。  
Copyraight(c) 2019 himeharuzemi. All right reserved.

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://himeharuzemitama.blog.fc2.com/tb.php/2439-924c7be8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)