FC2ブログ
プロフィール

ひめはるぜみ(多摩)

Author:ひめはるぜみ(多摩)
故郷 多摩地区を中心に 食べ歩いたお店や料理を中心に描いています。最近のコンデジはレベルがあがり、写真の技術が伴わずピンボケ写真になっていますが、それも 愛嬌。ご容赦ください。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

来店者数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

多摩 我が愛しのお店②
東京多摩地区を中心に 楽しいお店・美味しいお店・あれっ?なお店を書いています。私の主観による感想で、情報提供をするサイトではありません。私の忘備録の日記です。
錦糸町 プロ紙芝居「中谷奈律子」からの 天ぷら屋「丸中の天丼ランチ980円」
世の中にはいろんな職業があって、
紙芝居師というのもある。
我らの時代、プロの紙芝居というと黄金バットの紙芝居を自転車の荷台に担いで
お菓子を子供たちに売って、生業としていたような気がする。
しかし、これはたぶん後年になって刷り込まれた記憶だ。
なぜなら、さすがに「黄金バット」はないだろうからだ。

最近のプロの紙芝居師は、紙芝居を道具としたパファーマーだ。
「中谷奈律子」さんは、何度もテレビで紹介されている鎌倉在住のプロである。
錦糸町の催事に登場するとSNSで知ったので見に行くと、
「プロってすごいな」。
190421錦糸町丸中003R
最初3~4人しかいなかった子供たちが、
紙芝居というパフォーマンスが始まると
興奮してくる。そこから何かしらのフェロモンが出てきて
それをキャッチした子供が次第に集まってきて、幾層かの輪ができ、
話の山々で
まばらだった輪がぎゅっと中心部にしまっていく。
何度が輪が内側に固まっていくと、辺りは興奮した子供だらけになる。
「プロって本当にすごい」。

さて、催事が終わるとちょうど昼時となった。
駅から南に5分程度の個人店、天ぷら「丸中」に訪問した。
190421錦糸町丸中019R
12時ちょうどの口開けの客である。
客はまだ誰もいない。
190421錦糸町丸中010R
一階は小さなスペースで、カウンターに5席
テーブルで無理やり入れて、17席。
実質合わせて10数人のスペースだ。(二階にも席があるそうだ)
190421錦糸町丸中006R
メニューからランチタイムの天丼980円を選び
少し待つと、ごま油の良い匂いが流れてきた。
個人的な好みを言えば。ごま油のもったりした味は嫌いなのであるが。

パチパチと音が聞こえ始め注文から15分ほどでお盆が運ばれてきた。
「お好みで天玉をお味噌汁にどうぞ」。
190421錦糸町丸中012R
蓋を開けると、御飯が見えないくらいに天ぷらが乗っている。
ナスに、細めの海老が2本、キスが一枚、甘いのはかぼちゃ。
黒っぽく見えるのは、タレのせいだ。
190421錦糸町丸中013R
かかっている量が程よく
辛くもなく、甘くもなく
ごま油と衣の味に大変あっている。
つまり油っぽくなく、重くない味になっている。
190421錦糸町丸中015R
天ぷらというと高級な食べ物だと思っていた。
もしくは抹茶塩やピンクの塩で食べるのが格好良いとも思っていた。
大きな勘違いだった。

「丸中」のようなちゃんとした天ぷらを食べてこなかった私は
今は亡き父親が愛した味を知らずにこの年になってしまった。
これから、食べまくっておいつく所存である。

2019年4月21日 ランチタイム

食べログの情報はこちらから


このサイトの著作権は著作者のひめはるぜみにあり、
文章・写真の転用を一切お断りしております。  
Copyraight(c) 2019 himeharuzemi. All right reserved.

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://himeharuzemitama.blog.fc2.com/tb.php/2463-ed5106c3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)