FC2ブログ
プロフィール

ひめはるぜみ(多摩)

Author:ひめはるぜみ(多摩)
故郷 多摩地区を中心に 食べ歩いたお店や料理を中心に描いています。最近のコンデジはレベルがあがり、写真の技術が伴わずピンボケ写真になっていますが、それも 愛嬌。ご容赦ください。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

来店者数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

多摩 我が愛しのお店②
東京多摩地区を中心に 楽しいお店・美味しいお店・あれっ?なお店を書いています。私の主観による感想で、情報提供をするサイトではありません。私の忘備録の日記です。
昭島手打ちうどん・蕎麦「木偶の坊」
今日の最高気温の予測は24度だ。
昨日よりは低いが、この気温だと冷たいものが食べたくなる。
久し振りに旨い蕎麦を食べに行こうか。

去年の5月に中神に出た「木偶の坊」は
うどんと蕎麦が旨い店だ。
連休明けなので空いてるだろうと家内を誘って訪問してみた。
190513昭島木偶の坊坊001R
1年ぶりの店は
田舎場末の飲み屋のようだった。
場所柄昼より夜の客が多いのだろう。
190513昭島木偶の坊坊003R
家内が選んだの肉汁うどん850円。
私は鴨南蛮そば1500円だ。
少々時間がかかって、
厨房から多量の氷がぶつかる音が聞こえてくると
190513昭島木偶の坊坊005R
きちんと締められてツイストした
艶やかなうどんが出てきた。
こりゃぁ、旨いに決まっている。
190513昭島木偶の坊坊006R  
肉汁には分厚い三枚肉が入っている。
脂が多そうに見えるが
ゆずと青菜とネギで中和され、いい味が出ている。
もともとの汁の出汁が旨いのだ。
190513昭島木偶の坊坊007R
蕎麦は外二だ。
極細なのに腰があって
甘く香りが満ちている。
190513昭島木偶の坊坊009R
鴨肉を食べながら、
この蕎麦ならば、単純にモリで
見っとも無くだらしなく
汁につけて、口の中で唾液と合わせて
グニャグニャ食べると「すげー旨い」はずだ。
190513昭島木偶の坊坊010R
食べている間、他の客は入ってこなかった。
こんなに旨い蕎麦屋(うどん屋?)なのに勿体ない。
入りづらそうだが、いずれ客が客を呼ぶようになると
雰囲気が勝手に変わり、入りやすい良い店になるはずだ。
190513昭島木偶の坊坊004R
2019年5月13日ランチタイムの訪問

以前の訪問記事はこちらから

食べログの情報はこちらから

このサイトの著作権は著作者のひめはるぜみにあり、
文章・写真の転用を一切お断りしております。  
Copyraight(c) 2019 himeharuzemi. All right reserved.

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://himeharuzemitama.blog.fc2.com/tb.php/2473-771d05f2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)