FC2ブログ
プロフィール

ひめはるぜみ(多摩)

Author:ひめはるぜみ(多摩)
故郷 多摩地区を中心に 食べ歩いたお店や料理を中心に描いています。最近のコンデジはレベルがあがり、写真の技術が伴わずピンボケ写真になっていますが、それも 愛嬌。ご容赦ください。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

来店者数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

多摩 我が愛しのお店②
東京多摩地区を中心に 楽しいお店・美味しいお店・あれっ?なお店を書いています。私の主観による感想で、情報提供をするサイトではありません。私の忘備録の日記です。
新小岩「内田」は和風のテイストがする洋食屋だった
 小岩に住んでいる伯母は高齢のため一人で生活することが難ししくなっていた。
しかも病気が出て、通常の老人ホームでの生活も無理になっている。
入院している病院から
「ここは急性期の病院だから次の行き場所を探してくれ」
という内容をやんわりといわれ、
病院内の相談窓口から病棟とはちがう看護士の面談を受けた。

候補は大きく言って2つだ。
療養型の病院(いわゆる老人病院)か看護士が常駐する有料老人ホームだ。
老人病院は父の入院でこりていた。システム的なものか、介護士の手が行き届かず
病人の要望を聞き流している場面に何度もあった。
直ぐに身体を拘束して、人ではない扱いのようだった。
死んではいないが生きていない状況だ。

他方の有料老人ホームはコストがかかる。
相当なコストがかかるが、人としての扱いをしてくれていた。
見学して1部屋だけ空いていた施設を急遽押さえた。
190902新小岩内田001R
今日は新小岩の施設から他の施設への引っ越しの日だ。
引っ越しする病人も大変だが
子供がいない伯母のために何から何まで準備する私たちもくたくただ。
何か美味しいものを食べようとなって、
新小岩の北口の「うちだ」で洋食を食べることにした。
190902新小岩内田003R
「うちだ」は奥長の店だ。2階にも席があって
なかなかの繁盛ぶりだ。
メニューを見て一番上のランチのSステーキWを注文した。
シングル100gが2枚だそうだ。
後で見直すと下の方にビーフカツがあった。
こちらにも興味がある。
190902新小岩内田004R
ステーキは赤身が多い。
サーロインかロースの部分だ。
ソースは和風に傾いていて、醤油の味を感じた。
190902新小岩内田005R
味にパンチが無いように思う。
御飯はお茶碗だし、スープは赤だしだし
全体的に和食の肉料理だ。
肉に力弱さを感じたが、
大根おろしを付けて食べると、美味しさがアップする。
190902新小岩内田006R
脂と肉汁まみれのステーキは大好きだが
いや「うちだ」のステーキもなかなかいい。
脂に弱くなったシニアでも美味しい肉を食べることができる。
190902新小岩内田007R
おいしく和食に傾いた洋食が終わった。
また来ようと思う店だった。

2019年9月2日の訪問

食べログの情報はこちらから


テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://himeharuzemitama.blog.fc2.com/tb.php/2513-f5c5d78a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)