FC2ブログ
プロフィール

ひめはるぜみ(多摩)

Author:ひめはるぜみ(多摩)
故郷 多摩地区を中心に 食べ歩いたお店や料理を中心に描いています。最近のコンデジはレベルがあがり、写真の技術が伴わずピンボケ写真になっていますが、それも 愛嬌。ご容赦ください。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

来店者数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

多摩 我が愛しのお店②
東京多摩地区を中心に 楽しいお店・美味しいお店・あれっ?なお店を書いています。私の主観による感想で、情報提供をするサイトではありません。私の忘備録の日記です。
あきる野「花がき」イカ天ぷら力強い。うどんはくにゃくにつるつるで飲み込む
 あきる野の「花がき」のイカ天ぷらが食べたいという、
家内のリクエストに応えて、
トウモロコシ街道の手打ちそば「花がき」にやってきた。
191007あきる野「花がき」001R
「花がき」は人気店で平日でも狭い駐車場はいっぱいになる。
しかも地元ナンバー以外の高級車も止まっているから
駐車には気を付けなければならない。

今日の家内のメニューはイカ天そばに決まっていた。
191007あきる野「花がき」003R

191007あきる野「花がき」004R
私は「花がき」の天ぷらの破壊力を知っているから
ざるうどん単品にとどめた。
先にイカ天そばが運ばれてきた。
久し振りに見るイカ天は、記憶の量を上回っていた。
191007あきる野「花がき」006R
イカ天5枚、なす、人参、かぼちゃ、サツマイモ、ピーマン。
シニアの仲間になりつつある家内一人では食べきれないだろう。

ざるうどんの注文は大正解だ。
191007あきる野「花がき」009R
蕎麦は魚沼の玄蕎麦らしい。
蕎麦は当然うまいとして
うどんだって相当なものだ。
191007あきる野「花がき」011R
白くつやつや光を反射させながら
くにゅくにゅする。
それをつけ汁にザブンと浸け、ズルズルと飲み込む。
噛むなど野暮な食べ方は許されない。
柳家喬太郎師匠の時蕎麦のように
一気にずるずる飲み込むに限る。
191007あきる野「花がき」005R
ご相伴に預かった天ぷらは旨い。
揚げたてのイカ天のおいしさと、匂いがする野菜天だ。
これは名物だ。
次回、寒くなったらほうとうを食べようね。

ところで、しっぽく蕎麦をズルっズルっと飲み込むように
食べる仕草をする落語家がいるが
種物を飲み込むとは相当な耐熱性喉をお持ちだと恐れ入る次第だ。




2019年10月7日のランチタイム

以前の訪問記事はこちらから

食べログの情報はこちらから


このサイトの著作権は著作者のひめはるぜみにあり、
文章・写真の転用を一切お断りしております。  
Copyraight(c) 2019 himeharuzemi. All right reserved.


テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://himeharuzemitama.blog.fc2.com/tb.php/2531-8cd470d9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)