プロフィール

ひめはるぜみ(多摩)

Author:ひめはるぜみ(多摩)
故郷 多摩地区を中心に 食べ歩いたお店や料理を中心に描いています。最近のコンデジはレベルがあがり、写真の技術が伴わずピンボケ写真になっていますが、それも 愛嬌。ご容赦ください。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

来店者数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

多摩 我が愛しのお店②
東京多摩地区を中心に 楽しいお店・美味しいお店・あれっ?なお店を書いています。私の主観による感想で、情報提供をするサイトではありません。私の忘備録の日記です。
江戸川区篠崎 立ち食いそば「絆(ばん)」(初)

Dsc06419_2



























しばらく前から、京葉道路沿いに立ち食い蕎麦屋があることに気がついていた。



チェーンの蕎麦屋らしからぬ外装だ。



店内は本当に「立ち食い」のみだ。今時は駅そば屋でも座るスペースがあるのだが、名前に嘘はない。「立ち食い」。




Dsc06412 Dsc06413



























連れは「ごぼう天そば350円」を注文し、私は「いか天そば380円」にした。



ピークが終わった8時すぎ、厨房は女性2人で回している。二人のさりげない接客が心地よい。これはチェーンの立ち食い蕎麦屋にはあまりないことだ。



















Dsc06415



Dsc06414

















↑左はごぼう天そば、右はいか天そば。



汁の味は、いわゆる「下町の立ち食いそば」そのもの。関西の人は好きでないかもしれないが、下町育ちには、答えられない。





Dsc06416_2



















































麺が少し変わっている。蕎麦の風味が残っている。Dsc06417_2



立ち食いそばの「蕎麦」はうどんの細いものと思う店もある中、蕎麦の含有率が高いのではないかと思う。



立ち食いそばを食べている時間は、わずかに10分~15分だろう。腹を満たす僅かな時間だけれど、「絆(ばん)」の時間は、なんだか ホッとする気がする。



立ち食いそば屋にも接客というものがあるんだな。いい感じの店だった。2012年10月1日開店





  食べログ:http://tabelog.com/tokyo/A1312/A131205/13147629/



2013年6月13日の訪問



サイトの写真の著作権は 執筆者ひめはるぜみにあり、他のサイトの転用は一切禁じます。  



Copyright(C) 2013himeharuzemi. All rights reserved.



コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://himeharuzemitama.blog.fc2.com/tb.php/265-8f89af20
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)