プロフィール

ひめはるぜみ(多摩)

Author:ひめはるぜみ(多摩)
故郷 多摩地区を中心に 食べ歩いたお店や料理を中心に描いています。最近のコンデジはレベルがあがり、写真の技術が伴わずピンボケ写真になっていますが、それも 愛嬌。ご容赦ください。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

来店者数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

多摩 我が愛しのお店②
東京多摩地区を中心に 楽しいお店・美味しいお店・あれっ?なお店を書いています。私の主観による感想で、情報提供をするサイトではありません。私の忘備録の日記です。
柏 豊四季団地 米の島村総本店 「たまごの太巻き」

柏のお店を書いている有名なブログ「柏グルメ」の中にあったお店です。



ちょっと寄ってみましょう。



Dsc09105 Dsc09107















場所は豊四季団地の商店街になります。



高度成長時代には、さぞ 流行った商店街でしょうが、今は、・ ・ ・ ・ ・ 。



少なくなっていく消費額を少しでも取りこぼさないようにと、米屋さんは「たまごの太巻き」を作り、肉屋さんは「モツ煮込み」を販売してがんばっている商店と、シャッターを締め切った商店との集まりになっていました。




Dsc09108さて、「たまごの太巻き」は、米やさんで販売しているのではなくて、隣の飲食店でした。



食堂というには、あまりにもそっけないお店です。



歳をとったお客さんが1人、秋刀魚定食620円を食べています。老人と衰退する商店の構図が現れています。



  たまごの太巻きは、奥の厨房にありました。



        太巻きというよりは ロールケーキに近いですね。



1本800円でカット(7カット)してもらい、家に持ち帰ります。



ずっしりと重い 太巻き=超太巻き です。Dsc09126_2



1カットでおいぎり1個分のボリュームがあります。



玉子の味がやさしくて、美味しいです。



食べているうちに、ふと思いました。



「どうして 太巻きなんでしょう?」



千葉の外房には 太巻きで「祭りすし」「飾りすし」なるものがあります。ご馳走としての「太巻きすし」です。「たまごの太巻き」もそれに劣らないご馳走です。



「何か つながりがあるのかな~?」



今度、買いに行ったときに聞いてみようっと!







本サイトの写真の著作権は 執筆者ひめはるぜみにあり、他のサイトの転用は一切禁じます。 
 Copyright(C) 2011 himeharuzemi. All rights reserved.







コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://himeharuzemitama.blog.fc2.com/tb.php/345-d9b41ece
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)