プロフィール

ひめはるぜみ(多摩)

Author:ひめはるぜみ(多摩)
故郷 多摩地区を中心に 食べ歩いたお店や料理を中心に描いています。最近のコンデジはレベルがあがり、写真の技術が伴わずピンボケ写真になっていますが、それも 愛嬌。ご容赦ください。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

来店者数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

多摩 我が愛しのお店②
東京多摩地区を中心に 楽しいお店・美味しいお店・あれっ?なお店を書いています。私の主観による感想で、情報提供をするサイトではありません。私の忘備録の日記です。
国立 「ふく助」(初)ガチな武蔵野うどんとお惣菜 その1

くにたちベースにうどん屋があると、散歩の達人(2013年NO204)記載があった。「肉汁たっぷりのつゆが演出する旨さ ふく助」とあるが、到底飲食店が成り立つような立地ではなかろう。Dsc06083_2Dsc06106Dsc06080  Dsc06105場所は 谷保79-2。南武線の西府駅から約10分。



あるとき、ブログ「ぐーたりの舌」http://gootari.seesaa.net/article/277859084.htmlで紹介されているのを発見した。

どんな店なのだろうか。
1度の訪問では売り切れで店には入れなかった。本日はリベンジだ。
店内はカジュアルなテーブルと椅子。簡単な仕様だ。

注文の仕方は、汁を選び、うどんを選ぶ。
ふく助を選び(980円)、武蔵野(むさしの)うどん中(450g)を食べよう。

うどんを待つあいだに、お惣菜をいただこう。料理を注文した人は無料で食べることができる。

Dsc06082Dsc06081




Dsc06084_2

トマト酢煮、カブの茎のピリ辛炒め、水菜のサラダ、本日のサラダ(キャベツ、ヒジキ、大根ときゅうり)、カブの梅和え、

どれもこれも旨い。自然でホッとする。特に気に入ったのは、トマト酢煮、カブの茎のピリ辛炒め。食べていくうちに酒が飲みたくなる。

Dsc06088Dsc06086
2013年5月11日の訪問

サイトの写真の著作権は 執筆者ひめはるぜみにあり、他のサイトの転用は一切禁じます。
Copyright(C) 2013himeharuzemi. All rights reserved.

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://himeharuzemitama.blog.fc2.com/tb.php/364-753891bb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)