プロフィール

ひめはるぜみ(多摩)

Author:ひめはるぜみ(多摩)
故郷 多摩地区を中心に 食べ歩いたお店や料理を中心に描いています。最近のコンデジはレベルがあがり、写真の技術が伴わずピンボケ写真になっていますが、それも 愛嬌。ご容赦ください。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

来店者数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

多摩 我が愛しのお店②
東京多摩地区を中心に 楽しいお店・美味しいお店・あれっ?なお店を書いています。私の主観による感想で、情報提供をするサイトではありません。私の忘備録の日記です。
鎌倉「麻心(まごころ)」(初)でランチと紙芝居師なっちゃん

Dsc00296 鎌倉の海が見えるカフェで急に思い出した曲は、サザンオールスターズの「ステレオ太陽族」でもなく、アジアンカンフージェネレーションの「鎌倉グッドバイ」でもなかった。

  あのとき目の前で思い切り泣けたら 

  今頃二人ここで海を見ていたはず

  窓辺でほほを寄せてカモメを追いかける 

  そんなあなたが見える今日もテーブル越しに

      紙ナプキンにはインクがにじむから

      忘れないでってやっと書いた遠いあの日

鎌倉長谷にある「麻心(まごころ)」は、海を見れる絶好のロケーションに建っている。窓際に腰かけて、海を見ているとユーミンの「海をみていた午後」がよみがえってきた。「麻心」は静かなカフェだった。10269507_657306561017506_6794846221

6月14日の土曜日の10日ぶりの太陽に誘われて、大混雑の鎌倉まで来たのは理由があった。

東北復興のボランティアをしている紙芝居師『中谷奈津子』さん(なっちゃん)のエベントに訪れたのだ。


Dsc00314Dsc00292麻心は若い女性やカップルで満員だった。

なっちゃんの作品を見に来る人もいるが、それ以前に人気がある店であることが分かった。(実は料理を注文してからわかったののだが、混んでいる理由の大きな要因は「出てくるのが遅い」ことだった。一等地なのだから回転率を上げることを第一に考えればいいのに、麻心はその安易な道を選ばなかったのだろう)

   食事が出てくるのが遅い。お客を急がせない。
   なっちゃんの活動報告を読む時間がある。
   海を眺める時間がある。
   だから、ユーミンの曲が頭の中に自然に流れてくるのであった。
 


Dsc00293

東京で紙芝居をしている なっちゃんは いつも元気。


アフリカの民族衣装みたいな服を着て、子供たちといっしょになって飛び跳ねている。いつもにこにこしている。

 すごくパワフルな人と 思っていた。

でも、本当は人見知りをする傷つきやすい人ではないのかと 思った。

なっちゃんの小さな身体は店のカウンターの隅でお客さんの邪魔にならないように静かに座っていた。紙芝居師なっちゃんは、3.11の後、いち早く東北に向かって「自分ができること」=子供たちと遊ぶこと=紙芝居を見せることをやろうとしていた。

なっちゃんが東北のボランティアに行って、経験した悲しいこと・残念なこと・悔しいこと、絵と文を読むとたくさんわかってきた。
東北では傷ついている人がたくさんいる。どうにかお役にたちたいと訪問して傷ついたボランティアもたくさんいる。

   
  そして、苦しみの時間な中で得たつながり・絆と希望。そんなことを感じた。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

さて、このブログは食べもののブログだった。


麻心の料理「麻の実と玄米のベジタブルカレープレート1180円」と「釜揚げシラス丼1180円」を注文した。この一等地でお手頃な値段は嬉しい。ドリンク類は500円~でランチに合わせると一人1500円から2000円くらいになる。飲み物とケーキならば1000円前後になる。

Dsc00298













Dsc00302Dsc00304
麻心の料理はこだわりが満載だ。

カレーも御飯も付け合せのピクルス?漬物?までどれもこれもに驚きがある。

ファストフードに対抗するスローフードのようだ。出てくる時間は遅い=スロークッキング  と一つ一つ材料を吟味して、愛しさを加えた調理が、海を渡ってくる風を受けているハードとしての料理店を「まごころ」 に変えていく。

出てくる時間が遅いことによるマイナス面は、海を見えるロケーションがプラスに変えているし、静かに話ができる・読書が可能な本来のカフェを提供している。

つまりマイナス面は、事実 マイナス面ではないということになる。

Dsc00307












Dsc00308Dsc00310







さて釜揚げしらす丼だ。シラスが美しい。味噌汁まで工夫がされていて、食べるのが楽しくなる。豆腐まで丁寧に選ばれていて1180円で値ごろ感が抜群だが 質素でインパクトは少ない。同じ値段ならばカレープレートの方が楽しいかも。

もう、太陽が傾いてきた。江の島方向に混んでいた道路は、潮目が変わるように逗子方面に詰まってきている。
帰る時間がやってきた。由比ガ浜の地下駐車場まで約500m、トンビに見送られて後にした。

   2014年6月14日 午後2時過ぎの訪問
    (写真、絵はなっちゃんに提供を受けたものが含まれる)

食べログ:http://tabelog.com/kanagawa/A1404/A140402/14000255/鎌倉TODAY:http://www.kamakuratoday.com/shop/magokoro.html

サイトの写真の著作権は 執筆者ひめはるぜみにあり、他のサイトの転用は一切禁じます。

Copyright(C) 2014 himeharuzemi. All rights reserved.

テーマ:カフェ - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://himeharuzemitama.blog.fc2.com/tb.php/484-8e58275a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)