プロフィール

ひめはるぜみ(多摩)

Author:ひめはるぜみ(多摩)
故郷 多摩地区を中心に 食べ歩いたお店や料理を中心に描いています。最近のコンデジはレベルがあがり、写真の技術が伴わずピンボケ写真になっていますが、それも 愛嬌。ご容赦ください。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

来店者数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

多摩 我が愛しのお店②
東京多摩地区を中心に 楽しいお店・美味しいお店・あれっ?なお店を書いています。私の主観による感想で、情報提供をするサイトではありません。私の忘備録の日記です。
立川「甚五郎」(5)カレーうどん

Img_20140603_125157今日も暑い。梅雨前で急に暑くなったこの2~3日、身体は追いついていかない。 

こんな時は熱々のカレーが良いだろう。 

    立川幸町 平成道路沿い 

    利静庵 甚五郎

Img_20140603_130543Img_20140603_123438立川で美味しい蕎麦屋というと、立川駅北側の「無庵」が有名だが、五日市街道を過ぎたところにある「利静庵 甚五郎」も非常に人気がある店だ。 

今日も午後12時半を超えるのに、まだ表で待たなければならない。中を覗くとテーブル席も座敷も満員だ。Img_20140603_124028



 「利静庵 
甚五郎」はうどんの名店「甚五郎」の系統だときいた。
中でも特に美味しいといわれている所沢松郷の甚五郎の流れを汲んでいる。

駐車場も完備していることから、近くの住民は当然として、広いエリアからお客さんが訪れている。



Img_20140603_130426Img_20140603_125227お品書ききを見て、掲示されているメニューをみて、決めたのは「極カレー920円+税」だ。

珍しい名前のアイテムに惹かれたが、初心貫徹で「暑いときは熱いもの」に決定した。

Img_20140603_125245口が広い器にタプタプのカレー汁が入る。

カレーは当然うどん屋の和風カレーだ。肉はキーマ風に
挽肉だ。うどんは柔らかめ。武蔵野うどんというと固いという印象が強いが、利静庵甚五郎のうどんは、表面はなめらかで柔らかく汁に絡んでくる。

インドカレーが好きな私は、挽肉を使うならインド風にスパイスを替えた方が良いと思った。逆に今のおいしい汁を活かすなら通常の豚バラか肩の切落としのスライスを使った方が合いそうな気がした。

「利静庵 甚五郎」の旨いものは、スタンダードに「肉汁」「のら」だろうと思う。
これは誰が食べても喜ぶに違いない。おすすめのそば・うどんになる。

さて、今日は久しぶりに訪問したが、平日でもこの混み方だ。きっと、土日は入れないだろうなぁ。近所の人は平日に行くべしだ。 

   2014年6月3日のランチタイム訪問


つれづれ蕎麦:田舎汁そばhttp://chibiyukarin.blog4.fc2.com/blog-entry-1898.html

食べログ:http://tabelog.com/tokyo/A1329/A132901/13041671/

サイトの写真の著作権は 執筆者ひめはるぜみにあり、他のサイトの転用は一切禁じます。

Copyright(C) 2014 himeharuzemi. All rights reserved.

テーマ:こんなお店行きました - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://himeharuzemitama.blog.fc2.com/tb.php/519-455c8af0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)