プロフィール

ひめはるぜみ(多摩)

Author:ひめはるぜみ(多摩)
故郷 多摩地区を中心に 食べ歩いたお店や料理を中心に描いています。最近のコンデジはレベルがあがり、写真の技術が伴わずピンボケ写真になっていますが、それも 愛嬌。ご容赦ください。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

来店者数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

多摩 我が愛しのお店②
東京多摩地区を中心に 楽しいお店・美味しいお店・あれっ?なお店を書いています。私の主観による感想で、情報提供をするサイトではありません。私の忘備録の日記です。
立川 旧奥多摩街道「高尾亭」(初)かつ重セット

Dsc05073 立川の旧奥多摩街道が奥多摩バイパスと日野橋で合流する手前に、昭和3年創業の蕎麦屋がある。
「高尾亭」という。

奥多摩バイパスがいつ出来たのかはよく知らないが、地元の年寄りから、東京オリンピックの時にはあったと聞く。マラソンの折り返しが調布市だから、その話には信ぴょう性がありそうだ。

旧奥多摩街道は日野橋から立川断崖の上を通り、昭島の諏訪神社の脇を通っていく。きっと、昔は多摩川がいまよりも水量を持ち、崖まで川になっていたか、水田が広がっていたんだろうと思う。

「高尾亭」は、一見場所が悪いところたっているように思えるが、きっと創業時は必然の場所だったに違いなかろう。今の日野橋のマクドナルドがある場所のような交通の要衝だったのではなかろうか。

Dsc05074Dsc05078今日の最高気温は25℃を超えてしまっただろう。

冷たいそばかつけうどんを食べたくなる。しかし、蕎麦だけでは寂しいからカツ丼をつけたい。だから、本格的蕎麦屋ではなく、普通の街の蕎麦屋を選んだのだ。


Dsc05076 Dsc05077お品書きを見て「もりかつ重950円」を見つけるとすぐに注文した。
     そば汁は甘く、濃い。

蕎麦は冷たく締められている。石臼挽き蕎麦粉を使っていると紙が貼ってあるが、断面を見ると手打ちではなさそうだ。甘い汁に、薬味は全部汁に放り込む。蕎麦をザブンと付ける。本格的蕎麦屋の美味さとは違うが、これはこれで、旨い。

Dsc05079 かつ重は美味いよ。まさしく蕎麦屋のかつ重だ。この甘辛さが馴染んだ味。

昔から立川にある「高尾亭」。懐かしい味がした。

食べログ:http://tabelog.com/tokyo/A1329/A132901/13057769/

2013年3月9日の訪問

サイトの写真の著作権は 執筆者ひめはるぜみにあり、他のサイトの転用は一切禁じます。
Copyright(C) 2013himeharuzemi. All rights reserved.

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://himeharuzemitama.blog.fc2.com/tb.php/559-3d9c1cd1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)