プロフィール

ひめはるぜみ(多摩)

Author:ひめはるぜみ(多摩)
故郷 多摩地区を中心に 食べ歩いたお店や料理を中心に描いています。最近のコンデジはレベルがあがり、写真の技術が伴わずピンボケ写真になっていますが、それも 愛嬌。ご容赦ください。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

来店者数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

多摩 我が愛しのお店②
東京多摩地区を中心に 楽しいお店・美味しいお店・あれっ?なお店を書いています。私の主観による感想で、情報提供をするサイトではありません。私の忘備録の日記です。
三郷市「くるまやラーメン」(初)

Img_20140503_141921
もう20年も前になるだろうか。
すでに他界した義父母はこのラーメン屋が好きだった。 

当時の八潮市は小さな工場が点在する発展途上の町だった。
大きな商業集積はなかったし、外食チェーンもモスバーガーとすかいらーく、デニーズ、リンガーハットと数えられるほどしかなかったと記憶している。 


本当にこのラーメン屋が好きだったのだろうか。それとも他がないから我慢したのか。

昼時はライスが無料でサービスされたことは覚えている。Img_20140503_140845
家内に言わせると「カレーラーメン」が好きだったらしいが、そんなメニューは今もあるのか。

5月の連休中に実家の掃除と仏様に柏餅をお供えした帰りに、足を延ばして寄ってみた。

Img_20140503_140644

注文は基本の味噌ラーメン(税抜590円)を選んだ。家内は塩バターラーメン(税抜き690円)にした。カレーラーメンは次回に回すことにした。 

しかし、消費税が8%になると税金の重みを本当に実感するようになるなぁ。

Img_20140503_140938Img_20140503_141103
味噌ラーメンは悪くない。塩味が強い。私にもわかるほどニンニクが入っている。味噌は独特に調合してあり、懐かしい昭和に流行った味噌ラーメンのスープの味がする。 

麺は手もみ風にウエーブがかかっている。表面がつるつるしており、太めの麺も昭和に流行った「どさんこ」や「西山の麺」の系統にある。 

家内が注文した塩バターラーメンは 見た目旨そうだが、やはり塩分が強い。

Img_20140503_140944
塩分コントロールしている人は十分に注意しよう。公式サイトを見ると、カロリーと塩分が記載されている。好感が持てるHPだが、食べる私たちは、店のメニュー表で見たいものだ。 

義父母が愛した店、たまには来るのこともありそうだ。次回こそは「カレーラーメン」を食べてみる。

2014年5月3日の訪問

食べログ:http://tabelog.com/saitama/A1102/A110205/11029753/dtlphotolst/1/
くるまやラーメンの公式サイト:http://www.kurumayaramen.co.jp/miso.htm

サイトの写真の著作権は 執筆者ひめはるぜみにあり、他のサイトの転用は一切禁じます。
Copyright(C) 2014 himeharuzemi. All rights reserved. 

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://himeharuzemitama.blog.fc2.com/tb.php/620-6c35b973
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)