プロフィール

ひめはるぜみ(多摩)

Author:ひめはるぜみ(多摩)
故郷 多摩地区を中心に 食べ歩いたお店や料理を中心に描いています。最近のコンデジはレベルがあがり、写真の技術が伴わずピンボケ写真になっていますが、それも 愛嬌。ご容赦ください。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

来店者数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

多摩 我が愛しのお店②
東京多摩地区を中心に 楽しいお店・美味しいお店・あれっ?なお店を書いています。私の主観による感想で、情報提供をするサイトではありません。私の忘備録の日記です。
青梅 月与の童屋

  P1170618P1170619















   蕎麦好きや蕎麦通のブログを読んでいると、景色が素晴らしく すごい山あいにあるような印象を受けていました。小菅の近くなのかもしれないと 住所をみたら、ほとんど 羽村ではありませんか! 榎戸さんに行った帰りに、寄ってみました。   月与の童屋(つきよのわらべや)



P1170620P1170617_2 駐車場側は 実は店の側面に当たっていて、 入口は左手から、多摩川を望みながら 回りこみます。重い木のドアを開けると  、猫の絵が招いてくれます。



多摩川に向いて、テーブルが3つ、座敷は6人用で大きな厚みがあって節が残っていて ワックス類がかかっていない木のテーブルです。駐車場側は カウンターで8人くらい座れましょうか。インテリアとしては ちょっとアンバランスで(和風系なのか、イラスト系なのか、古民家風系なのか) 面白いで す。 メニューを見ながら 今日は2店目ですから、ざる蕎麦とたぬき蕎麦を注文しました。



P1170625P1170627















 













 メニューから見ると うどんも良さそうに思われます。ざる蕎麦が出てくる前に、太い山葵が 出てきます。この大きさだと 何年ものだろうかと、考えているうちに、お蕎麦が出てきました。P1170629_2 P1170626



 























 汁は 少々甘い感じが残るのは、みりんと砂糖が多めなのか、素人の私たちには 想像もつきません。蕎麦は そのまま食べると、少し粉っぽく感じました。噛んでいると、甘みを強く感じます。汁につけると、美味しさが増して行く、バランスが良い料理に仕上がっています。たぬきも美味しいです。体が温まりますね。やっぱり、せいろもいいけど 冬は たぬきや種物も美味しいですねぇ。P1170633_3



 食べ終わったら、外を見ます。 







すばらしい景色も料理を引き立てます



多摩地区に住んでいる私たちでも、この景色に驚かされます。都区内からきたお客さんをお連れするには、最適な場所ですね。きっと喜ばれますよ♪



お会計時に、5周年記念の100円割引券をいただきました。もう出来て、5年もたったんですね。



月与の童屋(つきよのわらべや



青梅市河辺町1-800



電話 0428-23-6775   営業時間 11:00~20:30   木・第3水休み



 外に出て、珈琲を飲みに行きましょう。同じ駐車場には、おしゃれな食事処 桃太櫓(ももたろ)があります。残念ながら 今日は入れませんでした。また今度 来ましょう。隣にケーキ屋さんKA-CHAがあります。まだオープンして3ヶ月だそうです。桃太櫓で出しているケーキらしいですよ。 お土産を買って帰りましょう♪    P1170636P1170639P1170637



















 月与の童屋のメニュー



P1170622 P1170623















本サイトの写真の著作権は 執筆者ひめはるぜみにあり、他のサイトの転用は一切禁じます。  



Copyright(C) 2008 himeharuzemi. All rights reserved.


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://himeharuzemitama.blog.fc2.com/tb.php/668-62210905
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)