プロフィール

ひめはるぜみ(多摩)

Author:ひめはるぜみ(多摩)
故郷 多摩地区を中心に 食べ歩いたお店や料理を中心に描いています。最近のコンデジはレベルがあがり、写真の技術が伴わずピンボケ写真になっていますが、それも 愛嬌。ご容赦ください。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

来店者数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

多摩 我が愛しのお店②
東京多摩地区を中心に 楽しいお店・美味しいお店・あれっ?なお店を書いています。私の主観による感想で、情報提供をするサイトではありません。私の忘備録の日記です。
八王子 東華飯店(初)

Dsc04260























1月になると、何故か中華が食べたくなる。



それは、あんがあつい中華丼にであったり、角煮であったりする。



ここ、甲州街道沿いにある「東華飯店」は上海風中国料理店だ。美味しいと聞いたので来てみた。Dsc04254Dsc04264











Dsc04255 場所は南多摩高校のちょうど甲州街道を挟んで反対側になる。間口は赤いペンキに塗られている、狭そうだが、奥は広い。



表のインパクトある塗装に反して、落ち着く綺麗な本格中国料理店の風格がある。






































































Dsc04263 五目あんかけ汁そばは890円だったろうか。



醤油味のおいしいスープにあんがかかっている。麺は細い。



日本のラーメンは異常な進化というかいろんな方向に向かってしまい、尖ったものばかりもてはやされる時代になっている。それらは確かに旨いのかもしれないが、旨いだけで「ほっとする」ものはない。



本当に美味しいものとは、食べていて「ほっとする」もの。暖かく幸せになるもの。日本のらーめんには無くなって、中国料理に残っている。残念なことだ。Dsc04261

























連れが選んだ「豚バラ汁そば950円」↑には、おおきい角煮がいくつも乗っている。ボリュームがある麺でこれで麺大盛りにすると、多くの人は満足できるのではないかと思う。



全体的に万人受けする味で、家族を連れて再来したくなる店だ。



今度はご飯ものを食べてみたいと思った。



























http://tabelog.com/tokyo/A1329/A132904/13033465/



2013年1月21日(月)の訪問



サイトの写真の著作権は 執筆者ひめはるぜみにあり、他のサイトの転用は一切禁じます。  



Copyright(C) 2013himeharuzemi. All rights reserved.

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://himeharuzemitama.blog.fc2.com/tb.php/720-22031d32
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)