プロフィール

ひめはるぜみ(多摩)

Author:ひめはるぜみ(多摩)
故郷 多摩地区を中心に 食べ歩いたお店や料理を中心に描いています。最近のコンデジはレベルがあがり、写真の技術が伴わずピンボケ写真になっていますが、それも 愛嬌。ご容赦ください。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

来店者数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

多摩 我が愛しのお店②
東京多摩地区を中心に 楽しいお店・美味しいお店・あれっ?なお店を書いています。私の主観による感想で、情報提供をするサイトではありません。私の忘備録の日記です。
八王子 珈琲亭「土門」(初)ハンバーグランチ













甲州街道に面したダイエーの一本南側の裏通りにある珈琲亭「土門」は、古き良き時代の喫茶店or洋食屋?だ。



表のイーゼルに本日のランチが掲示してある。ハンバーグランチ600円に惹かれて店内に入ると、木造りの空間に入ることになる。Dsc04253Dsc04247















Dsc04246午後2時過ぎの入店客を迎えたのは、先客の男性が2人と古びた数本のアコースティックギターと2本の昔風のエレキギターだ。



おっと、忘れていはいけない。



それから初老の私より先輩の女性店主だ。



建物も人も昭和の匂いを強く出している、時間が取り残された空間になっている。



さて、注文は最初から決めていたAセット(ハンバーグ)600円だ。



ほかにも色んなメニューがたくさんあるが、こんなに多くのアイテムに対応できるのだろうか?何しろ、従業員は女性店主1人だからだ。





Dsc04249 Dsc04248
















Dsc04250













































出てきたプレートを見てそのボリュームにびっくり。学生が喜びそうな量がある。ご飯のおかわりは自由らしいから、はらぺこには助かるな。



と、ハンバーグにナイフを入れるけれど、蒸気や匂いが出てこない。



肉厚で2センチもありそうな細挽きのミンチでできたハンバーグが、温かくないのだ。豪華な給食の味がする。そういえば、先ほど「チ~ン」と音が鳴ったのはこうゆうことなのか。



Dsc04252













野菜はたっぷり添えられている。ご飯は朝炊いたのか、昨日の残りか?



たいして、美味しくないのだが・・・・なんだろうか、店全体から暖かなものを感じる。



何かに守られているような、何かを守っているような、不思議なものを感じる。



年取ってきた女店主がいつまでもこの店を営業できるように歴史の重みが守っているのか。それとも・・・・・



住所:八王子市東町10-8



    昼休みはないそうです。遅い昼食に心強いですね。











2013年1月16日の訪問



サイトの写真の著作権は 執筆者ひめはるぜみにあり、他のサイトの転用は一切禁じます。  



Copyright(C) 2013himeharuzemi. All rights reserved.

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://himeharuzemitama.blog.fc2.com/tb.php/741-497dfd21
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)