プロフィール

ひめはるぜみ(多摩)

Author:ひめはるぜみ(多摩)
故郷 多摩地区を中心に 食べ歩いたお店や料理を中心に描いています。最近のコンデジはレベルがあがり、写真の技術が伴わずピンボケ写真になっていますが、それも 愛嬌。ご容赦ください。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

来店者数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

多摩 我が愛しのお店②
東京多摩地区を中心に 楽しいお店・美味しいお店・あれっ?なお店を書いています。私の主観による感想で、情報提供をするサイトではありません。私の忘備録の日記です。
護国寺 蕎麦人「弁慶」(初)

地方の高校生が東京の大学に来るのは大変なことなのだ。 

それは今もそうだろうし、我々の昭和の時代もそうだった。 

     住むところをさがさねばならない。 

     友達はできるだろうか。

     初めてのバイト先を見つけることができるだろうか。 

220pxwakeijuku1
花の東京で暮らすにあたって、期待と夢と不安で羽田に来たもの、
東京駅に来たもの、
上野駅に来たもの、
新宿駅に来たもの。

僕らがたどり着いた先は目白の民間の学生寮だった。

あれから、すでに40年近くたった。
世界にまたにかけて活躍しているもの、セブンイレブンのFCに自分の残りの人生を投資したもの、そろそろ第一線からはずれろよと処遇が落ち始めたもの。
関連会社に片道切符で行かされるもの。 

定年まで片手を残すのみとなった男たちの職業上の成功・不成功が交わす名紙の肩書に表れている。 

220pxokuma_lecture_hall_waseda_univ 
今晩は、九州に転勤するT君の送別会になった。T君は僕らの中心的メンバーだ。
修猷館高校から早稲田の政経学部に進学した秀才である。しかも古き良き九州男児の豪快さを併せ持ち、僕らの誇りであった。

就職は一流会社の三井倉庫に決まり、各地の港湾で実力を発揮してきたのだった。美しい奥様と3人の花も恥じらう御嬢さんに囲まれて幸せな会社人生を横浜の自宅で終わると思っていた。

去年の夏、突然、東京在住のIT関係に努めているH君から連絡が来た。T君が倒れた?と。早速在京のメンバーで品川から彼の会社の前を通って慈恵大病院に訪問した。豪放磊落の彼は体調を壊していた。命を守った代わりに身体にペースメーカーが埋め込まれるようになった。 

   「九州の関連会社に出向することとなりました」 

   「単身赴任でいきます」 

   「最後に親の面倒をみろという会社の温情だ」 

彼の身体を気遣う仲間とともに、一次会の早稲田の「大盛屋」から二次会の護国寺の弁慶に向かった。Dsc09242


僕らの学生時代、弁慶は神田川の近くにある細長いカウンターだけの店だった。

金がない僕らにとって、ありがたい店で、地元の会社員に紛れて安い「お酒」を飲んでいた。バイトの金が入れば、剣菱を2号徳利で頼み、下級生を連れて行ったものだ。

片腕の親父さんが器用に働いている姿と看板娘の京子ちゃんがまぶしかった。 


その後弁慶は発展し、京子ちゃんは「外食事業部 本部長」になっていた。

しかし僕らにとって、京子ちゃんは今でもかわいくまぶしい看板娘だ。

Dsc09252Dsc09244
予約した座敷に上がって、昔話に花が咲く。 

昔、金がなかった僕らは、今も金がない。成功している輩もいるのだが、集まるといつもしょぼく食べ、酒だけは沢山飲んでいる。


Dsc09247Dsc09248Dsc09249Dsc09250






牛蒡のから揚げ、蕎麦のからあげ、贅沢をして焼き鯖寿司、蕎麦3種だ。 

弁慶は「蕎麦人」と蕎麦を強く押し出しているが、あくまでも飲み屋で〆に蕎麦を食べさせる店としての使い勝手だ。蕎麦の話なら僕にも少し薀蓄が言える。 

「京子ちゃん、そういえば つれづれ蕎麦のyukaさんとどういうお付き合いですか? 先日ブログで紹介されていましたよね  云々」 

「実はね・・・・・・・」(笑) 

むかしのメンバーが集まるといつも笑い声が出る。楽しくて仕方がないのだ。しかし、幸せな時間ほど過ぎるのが早い。佐倉まで帰らなくてはならない、鎌倉まで帰らなければならない。今日は松戸に住んでいる息子のところに泊めてもらう。 

お開きの時間がやってきた。

Dsc09245

京子ちゃんに入ってもらい記念写真を撮った。

     「ネットにあげてもいいか」 

僕のブログにばっちり、髪の毛が薄い親父が何人も登場した。 

帰ろうとすると、志賀に寄ってきたY君が現れた。「おっかぁ、生きていたよ」いつもの挨拶が交わされた。 

さて、本当にお別れの時間がやってきた。 

    T君よ、残りの人生 

    まだ長い。養生してくれ。 

ぼくも、やせて、薬の量を減らすようにするから、九州でおいしいカシワ飯を食わせてくれよ。必ず行くからな。

2014年3月21日(金) 春二番が強烈に吹いた夕方。

           東風吹かば 匂いおこせよ梅の花  

                   主なしとて 春な忘れそ

食べログ:http://tabelog.com/tokyo/A1323/A132302/13030263/

サイトの写真の著作権は 執筆者ひめはるぜみにあり、他のサイトの転用は一切禁じます。

Copyright(C) 2014himeharuzemi. All rights 

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

コメント
京子ちゃんは同級生
年齢は、僕らと一緒ですよ。我々の近辺には、そこそこ美人が多くて、弁慶の京子ちゃん、憩のフーちゃん、我々より若くて可愛い可愛いしていて、今奈良にいる東〇が家庭教師を請け負っていたのが、憩の富江ちゃんです。いや、息子達だけかな?家庭教師の日は、東〇が店で夕食なので、何度かご一緒させていただき、美味しいものをご相伴させていただいたこともあります。
[2014/10/19 21:32] URL | はらほろ #mQop/nM. [ 編集 ]

No title
高校・大学の友達っていいですよね。変な利害関係もないし、適度の距離感があって、居心地がいい。それにしても京子ちゃんってお若くておきれいでびっくり。古いけど京塚昌子さんみたいなおかみさんを想像してました。
[2014/03/24 19:12] URL | ciel20 #79D/WHSg [ 編集 ]

No title
>ciel20さん
京子ちゃんは、確か高校生か中学生?くらいだったから
やっぱり若いですよね。でも きっと 歳よりずーっと若く見えますね。
[2014/03/26 22:01] URL | ひめはるぜみ #79D/WHSg [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://himeharuzemitama.blog.fc2.com/tb.php/742-12e9085f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)