プロフィール

ひめはるぜみ(多摩)

Author:ひめはるぜみ(多摩)
故郷 多摩地区を中心に 食べ歩いたお店や料理を中心に描いています。最近のコンデジはレベルがあがり、写真の技術が伴わずピンボケ写真になっていますが、それも 愛嬌。ご容赦ください。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

来店者数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

多摩 我が愛しのお店②
東京多摩地区を中心に 楽しいお店・美味しいお店・あれっ?なお店を書いています。私の主観による感想で、情報提供をするサイトではありません。私の忘備録の日記です。
国立 ダイヤ街「もぎ豆腐店」(初)

Dsc09133_2 国立富士見台に昔からの商店街「ダイヤ街」がある。

私が近くの小学校に通っていた頃は大変な活気がある商店街で、今は名前がなくなってしまった「忠実屋」を中心とする地域になくてはならない商業地帯だった。

今では後を継ぐ者がいないのだろうか。年々寂しくなっていくような気がする。

さて、商店街を少し奥に入って、「お茶の時田園」と「酒処たちばな」の間を歩くと、「もぎ豆腐店」がある。

私より少し歳が上の奥さんが店番をしている。

Dsc09130_2


こだわり豆腐と手作り惣菜の店で、表にこんにゃく・惣菜があり、店の中に豆腐とあげが置かれている。

Dsc09131 Dsc09132

今日は、絹ごし豆腐(140円)、厚揚げ(150円)、かき揚げ(4かけらで250円)を買おう。

絹ごし豆腐は冷たい水からとり、白いプラスティックの容器に入れて、そのまま持ち帰り用のビニル袋にいれて終了だ。厚揚げはタフレンに入れるだけ。かき揚げは予めプラスティックに入って輪ゴムに止めてあった。

持ち帰るための包装はあまりにも簡素で、見ていておかしくてなり、笑ってしまった。
Dsc09139Dsc09143
家に帰り、早速食べてみる。

絹ごし豆腐は、若干固めだ。冷奴で食べると、滑らかな舌触りの中、大豆の香りと味が後から追っかけてくる。つまり、旨い冷奴なのだ。温かい汁物のモツの煮込みや湯豆腐に入れると滑らかだ。かき揚げは「ねぎといか」のかき揚げ。おかずの一品になるし、今日みたいに寒い日には蕎麦やうどんに乗っけて天ぷらうどんにするとよい。

厚揚げは明日食べよう。こちらも庶民的な味がするだろうな~

2014年2月5日の訪問

JR谷保駅徒歩3分
富士見台第一団地バス停徒歩1分
きしゃぽっぽ公園前ダイヤ街

国立ショッピング情報:http://kunitachi.shop-info.com/623/

サイトの写真の著作権は 執筆者ひめはるぜみにあり、他のサイトの転用は一切禁じます。  

Copyright(C) 2014himeharuzemi. All rights reserved.

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://himeharuzemitama.blog.fc2.com/tb.php/828-8fde0d8f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)