プロフィール

ひめはるぜみ(多摩)

Author:ひめはるぜみ(多摩)
故郷 多摩地区を中心に 食べ歩いたお店や料理を中心に描いています。最近のコンデジはレベルがあがり、写真の技術が伴わずピンボケ写真になっていますが、それも 愛嬌。ご容赦ください。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

来店者数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

多摩 我が愛しのお店②
東京多摩地区を中心に 楽しいお店・美味しいお店・あれっ?なお店を書いています。私の主観による感想で、情報提供をするサイトではありません。私の忘備録の日記です。
八王子らーめん 「星の家」(初)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



八王子らーめんとはどんなものなのか?



全国的にはまだまだ知られていませんが我らが八王子には地域に密着した独自のラーメンが長い歴史を踏まえて存在しています。そして、何をもって八王子ラーメンとするか!これには様々説があると思いますが、八麺会なりの、「八王子ラーメン」の定義づけをします。



【材料】



■第一に、醤油ベースのタレである



■第二に、表面を油が覆っている



■第三に、《きざみ玉ねぎ》を具として用いている



この中で特に大事なのが《きざみ玉ねぎ》で、油との愛称は抜群!各店舗独自の方法で合わせています。ただ、きざみ玉ねぎが入っているだけでは八王子ラーメンとは言えません。玉ねぎの辛味を押さえ、甘みを引き出す油があり、それが醤油ベースのタレと一緒になって初めて八王子ラーメンと言えるのではないでしょうか



     八麺会お薦めラーメンサイト : http://hachimen.org/ より引用



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



住宅地にある「星の家」は、八王子ラーメンの中でも有名中の有名なお店です。



場所を探しながら行くと、駐車場が完備されていました。時刻は午後2時を回っているのに、お客さんが多いお店です。時間帯によっては、駐車場に車を止めるのに待ち時間があるのではないかと思われました。



1間ほどの細い道を住宅地に入っていくと、普通の民家が改築されたようなお店が現れます。のれんは「あんちゃん亭」ですが(? 笑)、間違いなく星の家です。





Dsc01128


カウンター席が10席ぐらい、テーブルが4つぐらいの、こじんまりとしたお店に、女性スタッフ2~3人で運営されていました。



壁には紹介された雑誌記事のコピーがはられています。その中に「当店はやわらか麺です。かためは出来ません」の張り紙が目立っています。Dsc01122Dsc01121













注文したのは、「チャーシューメン普通1000円」「南京ラーメン大700円+たまご50円」です。



我が夫婦にとって 10数年ぶりぐらいの訪問です。以前来た時は「おいしい」と家内が喜んだ店でした。今回はどうでしょうか。私たちの味覚は歳をとって変わっただしょうか?それともお店の味が変わったでしょうか?



Dsc01124_2























醤油の黒い色が濃いですが、汁はそんなにしょっぱくありません。



なんだか、すごくなつかしい味がするスープです。豚がベースのスープのようですが、当然、素人にはわかりません。



表にはラードが浮いていますが、温度は特に熱いというほどではありません。



チャーシューは脂があって美味しいです。しかし、薄い~  家内から2枚おすそ分けをもらいました。3枚目を食べていると、今度は脂っぽさが気になります。むずかしいもんですね。



Dsc01125して、麺ですが、??? 「やわらか麺?」は間違いありませんでした。



柔らかいというより、歯が悪い老人が食べても良いような麺です。一度煮込んで、出しているんでしょうか?



きっと美味しいに違いないと、食べていきますが・・・。私には麺のおいしさが分かりませんでした。



昔来た時は もっと 美味しかったような気がしましたが・・・・・・・



(私の勝手な感想です。多くの人が来ている人気店です。)



2012年5月2日(水)の訪問



本サイトの写真の著作権は 執筆者ひめはるぜみにあり、他のサイトの転用は一切禁じます。  



Copyright(C) 2012 himeharuzemi. All rights reserved.







コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://himeharuzemitama.blog.fc2.com/tb.php/83-81b3920a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)