プロフィール

ひめはるぜみ(多摩)

Author:ひめはるぜみ(多摩)
故郷 多摩地区を中心に 食べ歩いたお店や料理を中心に描いています。最近のコンデジはレベルがあがり、写真の技術が伴わずピンボケ写真になっていますが、それも 愛嬌。ご容赦ください。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

来店者数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

多摩 我が愛しのお店②
東京多摩地区を中心に 楽しいお店・美味しいお店・あれっ?なお店を書いています。私の主観による感想で、情報提供をするサイトではありません。私の忘備録の日記です。
国立 志奈乃(32)今年初めての かつ丼

Dsc09061いつも通ってきた国立「志奈乃」。今年は初めての訪問だ。

一見、蕎麦割烹のような店構えだ。しかし店前に置かれた出前用のスクーターが「志奈乃」が普通の街中の蕎麦屋と言っている。

     「家族で蕎麦を食べに行こう」

蕎麦やうどんが好きな初老の夫、美味しいものが好きな妻、そばにはあまり興味がない今どきの長女。選ぶ店は最大公約数的な、出前をやっている蕎麦屋のメニューがある「志奈乃」ということになる。

Dsc09062Dsc09063
そして、選んだのは 初老の夫は「かつ丼」、妻は「なべ焼きうどん」、長女は「天丼」だ。誰も蕎麦を選ばない(笑)

そうなのだ。実は志奈乃の丼物は非常に充実している。そして、うどんも専門店並みに旨いことを我が家は知っているからだ。


Dsc09064 先に私のかつ丼だ。美味しい豚肉に衣がカリッと揚がり、四分の1ほど汁に浸っている。

御飯は丼にいっぱいに盛られ、汁が程よくしみている。

グリーンピースがアクセントとなり美しい。

でも、玉子に熱が通り過ぎている?というか、分量が少ない。御飯とかつの量に比べて、玉子の量が少ないのだ。そうかといって玉子をあと半分だけ加えるわけにはいかないだろうし、本当にバランスというものは難しいものだ。

志奈乃の丼物は何度も食べてきたが、親子丼のバランスの良さがNO1かと思う。

Dsc09071 次に長女の天丼だ。

我が家が注文した時、残っているエビは2尾だった。周りの先客の注文が「天せいろ」や「なべ焼き」に集中していたので、本日分がなくなってしまったらしい。


なべ焼きにエビが1尾使う。天丼には2尾使う。足りなくなる。

しかし、妻はなべ焼きが食べたい。長女は天丼が食べたい。「私、エビがなくてもいいわ」と長女がゆずって、エビ1尾と代わりにカニが入った天丼となった。御飯の量は「少な目」で、長女は志奈乃の御飯の多さを学習していた。

Dsc09068_2

最後に、ぐつぐつと沸騰しているなべ焼きだ。

旨そうに妻が言った。

「うどんが本当に美味しいのよ。体が温まるわ」

    いつも食べに来ている、普通の蕎麦屋「志奈乃」。
    今年も厄介になること間違いなしだ。


2014年1月20日 夜閉店間近の訪問

国立ショッピング情報:http://kunitachi.shop-info.com/shinano/
食べログ:http://tabelog.com/tokyo/A1325/A132503/13061006/


サイトの写真の著作権は 執筆者ひめはるぜみにあり、他のサイトの転用は一切禁じます。  

Copyright(C) 2014himeharuzemi. All rights reserved.

テーマ:蕎麦 - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://himeharuzemitama.blog.fc2.com/tb.php/871-c071164a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)