プロフィール

ひめはるぜみ(多摩)

Author:ひめはるぜみ(多摩)
故郷 多摩地区を中心に 食べ歩いたお店や料理を中心に描いています。最近のコンデジはレベルがあがり、写真の技術が伴わずピンボケ写真になっていますが、それも 愛嬌。ご容赦ください。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

来店者数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

多摩 我が愛しのお店②
東京多摩地区を中心に 楽しいお店・美味しいお店・あれっ?なお店を書いています。私の主観による感想で、情報提供をするサイトではありません。私の忘備録の日記です。
ゆで太郎 そば・うどんの路面店(初)

























Img_20140111_145946最近、と言ってもここ数年のことだが、



都内には「ゆで太郎という立食いそば店が増えている。



何年か前、「自家製麺」「さんたて」ののぼりにひかれて港区の店に入ったが、期待するものに出会えなかった。それきり二度と「ゆで太郎」には入ることがなかった。



その後、「ゆで太郎」は東京都以外に物件を求め、つぶれた飲食店や洋服屋のあとに出始めている。



Img_20140111_151648茨城県つくばみらい市のインターチェンジのそばにもあるので、遅い昼食に寄ってみたら・・・・・・・・・



  「けんちんそば」があるではないか!



けんちん蕎麦というと茨城の代表的な蕎麦メニューなのだ。これは食べるしかない!





入口で480円の食券を買い、カウンターで従業員に渡し、テーブルに座って、しばし待つ。



「ひきたて・うちたて・ゆでたて」の三たてのため、少々時間がかかる。



さて、味のほうはどうだろうか。






Img_20140111_150747 Img_20140111_150846

















けんちんの野菜はたくさん入っている。汁はあまり記憶に残らない。天ぷらなど油分入らないと特徴がない汁だ。



蕎麦は細い。香りはない。何割か想像がつかないくらいだ。



でも480円だから、この豪華さなら十分だろう。



「食事を楽しむ」とより「短い時間で安くて、腹を満たす」といった使い勝手の店なのだった。



2014年1月11日の訪問



ゆで太郎公式WEB:http://www.yudetarou.com/



当サイトの文章写真の著作権は 執筆者ひめはるぜみにあり、他のサイトの転用は一切禁じます。   Copyright(C) 2014himeharuzemi. All rights reserved

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://himeharuzemitama.blog.fc2.com/tb.php/890-cdad50c7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)