プロフィール

ひめはるぜみ(多摩)

Author:ひめはるぜみ(多摩)
故郷 多摩地区を中心に 食べ歩いたお店や料理を中心に描いています。最近のコンデジはレベルがあがり、写真の技術が伴わずピンボケ写真になっていますが、それも 愛嬌。ご容赦ください。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

来店者数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

多摩 我が愛しのお店②
東京多摩地区を中心に 楽しいお店・美味しいお店・あれっ?なお店を書いています。私の主観による感想で、情報提供をするサイトではありません。私の忘備録の日記です。
八王子 酒まんじゅう「大森商店」(初)

八王子明神町の路地に手作り酒まんじゅう「大森商店」がある。



松姫最中の「松姫」の建物から中に入ったところだ。



番地は明神町3-11-13になる。



Dsc03812Dsc03814













八王子は和菓子屋が多い。どの店もどら焼き、塩大福、酒まんじゅうがある。味を競っている。



だが、酒まんじゅう一品で勝負の店は少ない。「大森商店」は1個120円、具は「あん」と「ごまみそ」。



注文すると、ご主人がばんじゅうからまんじゅうを取り出し、紙に包んでくれた。


Dsc03817_2























紙包みを開くと、1つの大きさはスマホの半分より大きい。写真で見ると点心のように見えるが、実際は中華街の小さめの中華まんじゅうくらいの大きさがある。皮には種類がわかるように、ごまが付いている=ごまみそだ。



先に餡を食べる。酒まんじゅうは表面に粘着力ある。ふっくらとしているが、パサパサした触感。食べていくうちに甘味がでてくる。質素だがしみじみ美味しさが溢れてくる。



ごまみそは、カレーまんくらいの容積だ。なかなかイケル。



私が良く食べる観光地の酒まんじゅうは、湯気で柔らかくなった(ぐちゃぐちゃになった)ものだが、「大森商店」の酒まんじゅうは、全く違った食べ物だ。そうだ、どちらかというと信州のおやきに似ているのかもしれない。



今日から、酒まんじゅうが好きになった。これから、いろいろ食べてみよう。



2012年11月21日(水)



参考ブログ:たまはち日記



    http://tabehachi.blog24.fc2.com/blog-entry-729.html



本サイトの写真の著作権は 執筆者ひめはるぜみにあり、他のサイトの転用は一切禁じます。  



Copyright(C) 2012 himeharuzemi. All rights reserved



コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://himeharuzemitama.blog.fc2.com/tb.php/932-7d6d624b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)