FC2ブログ
プロフィール

ひめはるぜみ(多摩)

Author:ひめはるぜみ(多摩)
故郷 多摩地区を中心に 食べ歩いたお店や料理を中心に描いています。最近のコンデジはレベルがあがり、写真の技術が伴わずピンボケ写真になっていますが、それも 愛嬌。ご容赦ください。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

来店者数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

多摩 我が愛しのお店②
東京多摩地区を中心に 楽しいお店・美味しいお店・あれっ?なお店を書いています。私の主観による感想で、情報提供をするサイトではありません。私の忘備録の日記です。
福生 手打ち蕎麦「喜郷」 せいろ(初)

「 福生においしいお蕎麦屋さんができました」と、ネットで評判になっていました。蕎麦好きなブロガーも行っています。



だいたい、新しい蕎麦屋が「どこかで 修業してきても、開店時からおいしいはずはない。今 おいしいといわれているお店だって、店を開けて1年、2年と研鑽して改善して、今の地位を築いたんではないのか!」



と、天邪鬼の私は思っていました。



P1000733P1000738















ところが、昭島の「SOBAみのり」、昭島の「むら田」は開店時から 美味しいのです。考え方を変えざるを得ません。



で、今日は、福生の「手打そば 喜郷」です。場所は福生市役所と「スーパーいなげや」の間です。



表からは小料理店のような佇まいですが、中は 明るく、4人かけのテーブルが3つ、カウンターに数席、奥に座敷があります。



メニューを見て悩みます。定番の「せいろ」にするか?「けんちん」にするか?「うどん」にするか? です。



P1000736 P1000734















でも、初めての店です。やっぱり 「せいろ750円」にしましょう。


今日のお昼は 実は 2食目です。2時間前に 北本市のおいしい蕎麦屋「阿き津」で「せいろ900円」を食べた 「はしご」 です。「阿き津」の美味しさには定評があります。比較して味わおうと 贅沢な「はしご」です。



P1000740 P1000742















少し待つと、丸いざるに綺麗に盛られた蕎麦が運ばれてきました。



いつものように、まず、汁をちょっと舐めます。「すごく美味い」。私が好きな江戸蕎麦の流れです。だしが強烈で、しかも 汁の中に完全に溶け込んでいます。辛く濃い汁です。



蕎麦は、水気が切れていません と いうよりは 水気を含んでいます。ひとつまみすると、先に水の味がします。そのあとに 蕎麦の香り、甘味が漂ってきます。



薬味を舐めてみましょう。普段は 薬味を使わない私ですが、先ほど行った「阿き津」の山葵が美味しかったので、試す気になったのです。 山葵は荒く粒が入っています。辛味が強烈です。おいしいとはいえないな。



と、思っていたのは ここまででした。



P1000746P1000749

















蕎麦に山葵を乗せて、辛くて濃い汁につけて 手繰ります。



最初は 辛い汁が、蕎麦の乗った山葵に触れると同時に、甘く感じられるのです。



不思議なものです。



汁は極めて 私好み。蕎麦はおいしい蕎麦屋の仲間。これに 山葵が加わって 一緒に食べると、辛味が中心の味に蕎麦の甘さが加わって、山葵が魔法のアイテムのように、違う辛さ、甘さをのせていきます。



う~ん、美味い。美味い。 大好きな店が もう一店 新たに加わりました。



HP :http://ww61.tiki.ne.jp/~h-skh2001/





本サイトの写真の著作権は 執筆者ひめはるぜみにあり、他のサイトの転用は一切禁じます。



Copyright(C) 2011 himeharuzemi. All rights reserved.

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://himeharuzemitama.blog.fc2.com/tb.php/952-d1729f3b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)