プロフィール

ひめはるぜみ(多摩)

Author:ひめはるぜみ(多摩)
故郷 多摩地区を中心に 食べ歩いたお店や料理を中心に描いています。最近のコンデジはレベルがあがり、写真の技術が伴わずピンボケ写真になっていますが、それも 愛嬌。ご容赦ください。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

来店者数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

多摩 我が愛しのお店②
東京多摩地区を中心に 楽しいお店・美味しいお店・あれっ?なお店を書いています。私の主観による感想で、情報提供をするサイトではありません。私の忘備録の日記です。
柏「とんかつ塩梅」義母が好きだった青シソ御飯
千葉県柏市は商業の町であり
物流の拠点であると思っていた。
さらに、亡くなった義母がお世話になっていたこともあって、
私たち夫婦には悲しい思い出がある病院の街である。

薬の影響で味覚が変わり、好きなものが食べられなくなった義母に
何を食べさせようか。
口から食べ物を食べさせないと体力が落ちてしまう。

とんかつは好物だったが・・・・通った先は「塩梅」だ。
150514柏塩梅_R000 150514柏塩梅_R001
あれから何年か経った。
行く機会が無くなり、すっかり「塩梅」のことは忘れかけていたが、
仕事で出向いた柏で昼になり「懐かしい。寄ってみるか。

「塩梅の出入口が小さく、地下の店だ。しょぼい店に見えるが
地下は広く、満員のお客さんで待ち時間が生じる。

ご婦人のグループの比重が多いので客回転の悪さに拍車をかける。
(食事の後にデザートがセットされているのが原因だ)

昼のロースかつ定食1150円(税抜き)を注文し、サービスの漬物3種を食べながら
これまたサービスのもやし炒めを食べて待っていると、
とんかつと「青紫蘇ごはん」と赤だしとキャベツが運ばれてきた。
150514柏塩梅_R003 150514柏塩梅_R008 
山になったキャベツには青シソが彩りを添える。
御飯は青シソで少な目で注文。(義母が好きだった御飯だ)
ロースとんかつは さらに直にのっかている。
150514柏塩梅_R011 
とんかつ通といっているブログで
「皿に直に乗せると油が切れずに味が落ちる」
と、書いてあるのをよんだことがあるが
「塩梅」のとんかつでそんなことを感じたことはない。
油が浮く前に、さっさと食べればいいことで
「とんかつ通」は、油が浮くまで食べないで待っているのかと疑う。
150514柏塩梅_R014 
久しぶりに食べたロースかつは、脂がきめ細かく噛んでいる。
以前食べた時より豚肉自体が柔らかくなっているのではないか?
ソースをかけずに、飲むように食べていく。

幸せだ。

とんかつだけでも楽しいのに
サービスの漬物3種、もやし、山盛りキャベツ。
青シソの御飯。
さらに デザートにゆずシャーベットを食べて、大満足な昼食が終わった。
150514柏塩梅_R019 

2015年5月14日の午後1時の訪問

訪問したことを聞いた家内が懐かしそうな顔になる。
病院通いは辛かったが、
今でも生きていて欲しかったと、最近ことあるごとに言うようになった。

今度ゆっくり旅行に一緒に行ってみようか。

食べログの情報はこちらから

このサイトの著作権は著作者のひめはるぜみにあり、
文章・写真の転用を一切お断りしております。 

Copyraight(c) 2015 himeharuzemi. All right reserved.

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

埼玉県八潮市 草加煎餅「東彰」
「草加煎餅」とは草加市内で作られている煎餅だと思っていた。
いや、もっと広く解釈しても、草加を中心とした地域で作られている煎餅だと思っていた。
あるスーパーで草加煎餅を買おうとパッケージの裏の生産者を見たら
何と「さいたま市」「川越市」のメーカーが出しているではないか。

今の時代、「手焼きでないとだめだ」とは言わないが
せめてブランドとしてもう少し規則があってもいいのではないだろうか。

さて、草加市に隣接する八潮市にも草加煎餅を作っている会社「東彰」があって
工場直売の店を運営している。
一般のお客さんは多くないが、地元の人々の普段使いの
店として重宝されている。
私の亡くなった義母は、缶箱入りの割れせんを買うのが特に好きだったらしい。
150416東彰・なすのよいちつけ_R000 

150416東彰・なすのよいちつけ_R001 150416東彰・なすのよいちつけ_R002 
  
東彰の得意な煎餅は 「こわれ煎餅」 とか「割れ煎餅」とか言われている商品だ。
自分の工場で煎餅を作っているからかそ、こわれ煎餅が出ているのだ。
子供たちのおやつや、親しい人との茶飲み会にぴったしだ。

店員に聞くと
最近は「富士山七変化」が売れているそうだ。
特に年末年始は間に合わなくということで、
欲しい人は計画的に買ってもらいといっている。
150416東彰・なすのよいちつけ_R005 

2015年4月16日の訪問
なお、三郷市に直営店がある。

公式サイト:会社案内 
このサイトの著作権は著作者のひめはるぜみにあり、
文章・写真の転用を一切お断りしております。 

Copyraight(c) 2015 himeharuzemi. All right reserved.


テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

越生町「大豆工房みや」おいしい豆腐
150324 都幾川・越生_R039
越生町のおいしい豆腐屋というと「大豆工房みや」を挙げる人が多い。
もともと、毛呂山にあった店だ。

「みや」は健康食品系の店に商品を出している。
商品管理を厳しく実施していると聞いている。

150324 都幾川・越生_R040 

値段は200円前後で、スーパーだとアッパーなゾーンに入る。
こだわりの豆腐の一般的な価格だ。
試食させてもらった「もめん」は昔ながらの懐かしい味がした。
150324 都幾川・越生_R041 
柚子の豆腐は、香りが高い。
試食が全種類揃っているから、自分の好みのものを探すのが楽しい。

スーパーより少し高いけれど
普段使いのおいしい豆腐屋としては最高だ。

ただ、越生梅林の近くで、主要道路から外れていて、
アクセスの悪さが難点になっている。

2015年3月24日の訪問

公式サイトはこちらから
食べログの情報はこちらから

このサイトの著作権は著作者のひめはるぜみにあり、
文章・写真の転用を一切お断りしております。 

Copyraight(c) 2015 himeharuzemi. All right reserved.


テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

越生「藤田」グルメな豆腐。旨い。
150324 都幾川・越生_R016  
都幾川の「豆腐工房わたなべ」から越生に行く途中、道からほんの少し外れたところに
おいしい豆腐屋「藤屋」がある。
この近辺はおいしい豆腐屋が多く、それぞれが特徴を出した豆腐を作っている。

150324 都幾川・越生_R022 

藤屋の豆腐を見ると、先ず最初に驚くのは
値段の高さだ。300円が中心プライスなのだ。
 
スーパーの豆腐は100円前後から始まって、上の値段も200円くらいだ。
こだわりの地元豆腐店は300円の品を扱っていても
地元住民が普段使いする120円~150円の豆腐を用意しているのが普通だし
それが売れ筋だったりする。150324 都幾川・越生_R018

近くの「わたなべ」が余程強いせいの為か
「藤屋」は完全な差別化の道に入っている。

そして、味は非常に旨い。
私は「わたなべ」が好きだからそれを基準にしているが、
旨いといわれている「わたなべ」よりもさらに上を行く。

値段相応というか、今年食べた豆腐ではNO。1ではなかろうか。

さらに絹揚げを買う。もうたまらん!
150324 都幾川・越生_R020 
豆腐は高いが、揚げ類はそれほど高くない。これはおすすめだ。

さて、藤屋の特徴は豆乳ケーキにある。
なんて旨いんだろう。
ただし、持ち帰り時の温度管理に注意が必要だ。
150324 都幾川・越生_R021 
藤屋はご馳走の豆腐店だ。
越生梅林の観光の際には、是非立ち寄ると良い。 

2015年3月24日の訪問

公式サイトはこちらから
このサイトの著作権は著作者のひめはるぜみにあり、
文章・写真の転用を一切お断りしております。 

Copyraight(c) 2015 himeharuzemi. All right reserved.

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

埼玉県都幾川の「渡辺豆腐」やはり旨い。
150324 都幾川・越生_R000

久しぶりに訪れた「渡辺豆腐」
前来た時より大きくなっている。
「はい、平成14年に建て替えました」

私が来た「前」とは10年以上も前のことだったのかと、
自分の記憶の曖昧さに苦笑いした。
 
150324 都幾川・越生_R005

豆腐は相変わらず、旨い。
値段を出せばもっと旨い豆腐があるかもしれないが、
普通に家庭で消費する価格帯としては、抜群の味なのだ。
豆腐のうまみが残っていて、この価格帯(170円)では最強ではなかろうか。
20150324渡辺豆腐_R000 
お土産に豆乳プリンを買い足して、表に出ると
おからを無料で持って行って良いようだ。
おから好きの家内に少しもらっていこう。
150324 都幾川・越生_R006 

おからの量は尋常ではない。
種類がたくさんある。豆腐の豆の種類分があるのだ。
150324 都幾川・越生_R007 150324 都幾川・越生_R009
おからをもらったら、自分たちで切れをきちんとかける。
皆がそうしているから、自然にルールになっているのだろう。

横には、井戸水をくんでいる人がいる。
都幾川の地下水だ。
150324 都幾川・越生_R012 

今では観光バスが止まるマンモスな豆腐屋となった「渡辺商店」
お客さんにサービスしようとする気持ち、大きくなっても健在なり。

2015年3月24日(火)の訪問

公式サイトはこちらから
食べログの情報はこちらから

このサイトの著作権は著作者のひめはるぜみにあり、
文章・写真の転用を一切お断りしております。 

Copyraight(c) 2015 himeharuzemi. All right reserved.


テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

埼玉県三郷の人気卵「きみ&ぼく」

150225三郷たまご_R005 

いろんな地玉子を食べてきたが、
こんなに白身が盛り上がる卵に当たることは滅多にない。

そして殻が固いのが特徴だ。

150225三郷たまご_R003 150225三郷たまご_R002

三郷市の北側に半田644に養鶏場がありとてもおいしいと聞いていた。
「杉橋養鶏場」という。

養鶏場はウインドレス(窓がないタイプ)で投資が行われている。
サルモネラ菌検査等にも気を使っている。
つまり、昔ながらの養鶏場ではなく、今時の先進の養鶏場が三郷にあるのだ。

「先進」とは設備が新しいだけということではない。考え方が新しいのだ。

150225三郷たまご_R000 150225三郷たまご_R004

店内には、地元の野菜が並んでいる。玉子は赤・白あり
g数で販売だ。白なら10個で310円前後
赤なら10個で340円前後だ。

こんな地玉子の養鶏場
もっと南の地区でも買えればいいのだが・・・・

2015年2月25日の訪問

公式サイトはこちらから

このサイトの著作権は著作者のひめはるぜみにあり、文章・写真の転用を一切お断りしております。
 Copyraight(c) 2015 himeharuzemi. All right reserved. 


テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

入間市下藤沢「藤久」ほうとうを食べた
141018所沢ほうとう_R000

所沢の行政道路のインディラカレーの前あたりを
車で走っていたらちょうど昼になった。

日高屋やガストは寂しい。
おやっと見つけたのは
うどん・ほうとうの「藤久」という店だ。

昼はうどんや、夜は居酒屋になる店のようだ。

141018所沢ほうとう_R001 

うどんは温かい料理が中心で
冷たいうどんを熱い汁につけて食べる
武蔵野うどん風ではない。
温かいうどんがメインで、ほうとうの品ぞろえが豊かだ。
と、なると、
田舎ほうとう950円(税抜き)に決定だ。


続きを読む

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

草加「いけだ屋」手焼きが一番というわけでないらしい
141011そうかせんべい_R006 
草加谷塚の近くに草加せんべいの人気店「いけだ屋」がある。
大きな道路に面して立派な販売店。
後ろ側に工場を構えている。
141011そうかせんべい_R007

デパートの催事や通販にも力を入れているらしい。

店の中にはいつもたくさんのお客さんが入っている。
いわゆる有名店である。
 141011そうかせんべい_R008  141011そうかせんべい_R010

 141011そうかせんべい_R009 
種類が非常に多い。
大臣賞をもらった煎餅がある。
昔風の醤油固焼きから今どきの煎餅がある。

「手焼きはどれですか?」
「今はこの2品だけです。炭焼きの手焼きです」

草加せんべいは手焼きが一番かと思っていた私はびっくりした。
いけだ屋の人気は「手焼き」の人気ではない。
「草加せんべい=手焼き」の図式は現在ではなくなってしまった。

草加せんべいの有名店「いけだ屋」で知った事実だった。

2014年10月10日(土曜日)
食べログの情報はこちらから
公式サイトはこちらから



このサイトの著作権は著作者のひめはるぜみにあり、文章・写真の転用を一切お断りしております。 Copyraight(c) 2014 himeharuzemi. All right reserved. 



テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

草加 元祖源兵衛せんべい
141011そうかせんべい_R000 
草加市には草加せんべい屋がたくさんあることを知っていたが
改めて調べるとなんと60軒もあるらしい。

では、どこが美味しいのか。
どこがより本物なのか。

「元祖源兵衛せんべい」は小さな間口だ。
141011そうかせんべい_R002 
一歩店に入ると香しいしょう油の臭いがした。
奥の作業場で作っているらしい。

はて、草加せんべいの人気がある大店ではこんな臭いはしなかった。
そうか、昔ながらの硬い生地、濃いしょうゆ味(しょっぱい)は
時代に置いていかれているのかもしれない。

サラダ焼のように軽くてふわっとしたもの。
醤油味でも生地が固すぎないもの。
手頃な贈り物としての価格設定と素敵な包装紙。

それが草加せんべいの生き残る道なら寂しいものだ。
141011そうかせんべい_R003 141011そうかせんべい_R004
141011そうかせんべい_R005 

源兵衛の煎餅は1枚90円ほどする。
草加せんべいとしては平均的な値段で良心的だ。
しかも、旨い!
本物の昔ながらの煎餅を食べたいなら
「元祖源兵衛せんべい」がおすすめである。

2014年10月11日の訪問

詳しい情報はこちらから「草加せんべいと草加宿ー2
煎餅味巡り

このサイトの著作権は著作者のひめはるぜみにあり、文章・写真の転用を一切お断りしております。 Copyraight(c) 2014 himeharuzemi. All right reserved.  
 

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

所沢「サイボク」直売店(初)
140925所沢サイボク_R000

日高市にある「サイボク」は、川越方面や東京の西部に住む食いしん坊のとって
知らないものはいないほどのミートピアになっている。
おいしいハムやウインナーが有名だが、
レストランがあり、地元生産物の販売がされており
半日過ごせる場所になっている。

その「サイボク」は所沢の住宅地に店を出している。
府中街道から少し中にはいったところのマンションの1階に
若干の駐車場を持ちながら
コンパクトに営業している。
140925所沢サイボク_R002140925所沢サイボク_R001 

「サイボク」は「サイボクハム」だから
ハムとソーセージしかないと思うと大間違いになる。

当然ウインナーは抜群に旨い。
変な臭さや添加物の臭いがしないから、
お湯でボイルしただけでおいしい料理になる。

しかし、加工肉以外に、生の肉も非常に美味しいのだ。
我が家ではロース肉やボイルされた白もつを買ってくる。

揚げ物のコロッケは油切れがよく
後を引く。
140925所沢サイボク_R004 

ふと見ると、新米を売っているではないか。
今年のコメが精米日も新しい。

東北岩手県花巻産のひとめぼれは安く、
鳥取のコシヒカリは若干高めだ。
140925所沢サイボク_R003 

東北復興の応援にわずかでも協力したくて
岩手のコメを買うことにした。


日高の本店まで行くには時間がかかるが
所沢なら近くてよい。

ウインナーはスーパーでも売っているが
サイボクの良さは生肉の良さだ。

この所沢久米の直営店のほか
幾つかのデパートにも出店している。

おすすめしたい。

2014年9月25日の訪問 

本サイトの写真の著作権は 執筆者ひめはるぜみにあり、
他のサイトの転用は一切禁じます。
   
Copyright(C) 2014 himeharuzemi. All rights reserved. 

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ