プロフィール

ひめはるぜみ(多摩)

Author:ひめはるぜみ(多摩)
故郷 多摩地区を中心に 食べ歩いたお店や料理を中心に描いています。最近のコンデジはレベルがあがり、写真の技術が伴わずピンボケ写真になっていますが、それも 愛嬌。ご容赦ください。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

来店者数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

多摩 我が愛しのお店②
東京多摩地区を中心に 楽しいお店・美味しいお店・あれっ?なお店を書いています。私の主観による感想で、情報提供をするサイトではありません。私の忘備録の日記です。
世田谷若林「香乃」十割そばカレーつけ
141129世田谷香乃_R020 

世田谷区若林のこじんまりとしたライブハウスのフィルムコンサートに向かった午後。

その前に、腹に何か入れていこう。
大通りに石臼挽き十割そばの旗を見て、躊躇なく入って
注文は「つけカレー 蕎麦950円」だ。

「うどん・十割そば・甘味 香乃」
141129世田谷香乃_R009 141129世田谷香乃_R010 
141129世田谷香乃_R013 141129世田谷香乃_R016  
私はうどんが大好きだ。そして蕎麦も大大大好きだ。
蕎麦の量は?130gらしい。
流石都会の店なんだ。もしくは相当な蕎麦なんだろうと期待は高まる。

続きを読む

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

世田谷 にくまんは「鹿港(ルーガン)」寒い日に熱々
141129世田谷ルーガン_R001
寒い雨の日
世田谷駅の近くにある「ルーガン」の肉まんを食べたくなる。

ルーガンの店の前は
肉まんが蒸されたせいろが運ばれるたびに
湯気がフワーッと出てきて、
店の前だけ霧が現れる。
141129世田谷ルーガン_R002

温かいうちに食べようと車の中で半分に割ると
中から汁が出てきて
買ったばかりのユニクロのダウンの上に垂れてしまった。

吾ながら、失敗に失笑せざるを得ない。
最近、失笑する事柄が増えた。
歳をとっていくとはこういうことか。

身体が不自由になっていく父母の姿を目のあたりにして
「いつかは行く道」。
失敗を笑いながら過ごす術を磨いていこう。

2014年11月29日の訪問

食べログの情報はこちらから
公式サイトはこちらから
以前の訪問記事はこちらから
このサイトの著作権は著作者のひめはるぜみにあり、文章・写真の転用を一切お断りしております。
 Copyraight(c) 2014 himeharuzemi. All right reserved. 

テーマ:中華料理 - ジャンル:グルメ

世田谷「長崎」(4)夏でも煮込み定食

Dsc01134_3


世田谷線世田谷駅と上町駅の間くらいの場所に、長崎ちゃんぽんの店がある。Dsc01138

ちゃんぽん好きには嬉しい店で、三茶の「来来来」と並んで贔屓の店である。

 本場の味 
    長崎ちゃんぽん 

    皿うどん 

 「長崎」 


入店客のほとんどは、ちゃんぽんかチャーハンセット1000円を食べている。

他のメニューもよくて、麺類も定食類もガッツリ!腹いっぱいになれる幸せな店だ。

さて、私がおすすめするのは「煮込み」だ。

長崎ちゃんぽん900円が美味いのだが、もっとヘビーに「煮込み定食800円」も忘れてはならない。



続きを読む

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

世田谷「ちゃんぽん長崎」(3)で煮込み定食

「世田谷駅に来たならば、やっぱりちゃんぽんを食べなければならない」 

いつもの「長崎ちゃんぽん 皿うどんの店 長崎」に行くことに決まっている。 

さぁ、ちゃんぽんにしようか。皿うどんにしようかとメニューを覗くと、

『モツ煮込み定食』が存在感を主張しているように思えた。税込みで800円だ。

Dsc00280Dsc00286

わざわざちゃんぽん屋に来て、どうして居酒屋が昼にやっている「煮込み定食」なのか。その理由は前回の訪問にあった。チャーハンセットで食べたモツ煮込みがたいそう美味しかったのだ。 

Dsc00281_3

まもなく時間は昼の2時になる。昼時は大忙しだった店にも、余裕の空気をご近所の大旦那が連れてきた。 

カウンターに座り、生ビールをうまそうに飲み、半もつ煮込みを食べている。店のスタッフやアルバイトの学生さんに気さくに話しかけ、旨そうにビールを飲んでいる。 

超人気の繁盛店が、気楽なご近所の店に変わっていくのを見るのが楽しい。 

さて、そうこうしているうちに大盛りの御飯にたっぷりのモツ煮込みが運ばれてきた。


続きを読む

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

世田谷「ちゃんぽんの店長崎」(2)チャーハン&もつ煮

Dsc08916 世田谷通りの上町から世田谷との間に、「長崎ちゃんぽん」の店がある。先日偶然見つけて入店し、当然「ちゃんぽん」を食べたのであるが、カウンターで食べている「チャーハンセット950円」が非常に旨そうに見えた。

仕事で近くに来たので、興味がある「チャーハン&モツ煮」のセットを食べることにした。

店は奥に長くカウンター席と少しのテーブル席がある。入り口に近いカウンターに座り、後ろを振り返ると、お品書きがある。

チャーハンセット(半もつ付950円)のほか、前回は気が付かなかった中国料理のメニューが結構あることを発見した。







Dsc08905Dsc08914_2

お客さんはひっきりなしに入ってくる。入口に近いカウンターが空いていたわけがわかった。 

風が入ってきて 寒い。  この席 要注意だ!


続きを読む

テーマ:中華料理 - ジャンル:グルメ

経堂 「魚角」(初)で鯖ひらき定食

   Img_20131218_140123関東に雪が降ると、朝から天気予報が注意を喚起している。

朝6時前は車のフロントガラスに霜は張っていなかった。しかし時間が経っても、気温が上がらない。太陽が出てこないので、昼過ぎになってもまだ寒い。

寒さに肩をすぼめて、経堂の商店街を歩いていると、「焼魚食堂 魚角」が目に入った。

なかに、入ってみると普通の飲食店だ。お品書きには魚の定食がたくさん載っている。

     鯖開き定食を食べてみよう

Img_20131218_133121_3

座ったテーブルの横には「御飯おかわりサービス」として大きなジャーが置いてあった。

サービスならおかわりしなくては・・・・・・



 


続きを読む

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

世田谷区桜新町 定食「きさらぎ亭」(初)満腹になった

Dsc08763 世田谷区桜新町の商店街を歩いていると、いつも混んでいる店がある。

店名は「きさらぎ亭」という。店の中をのぞくと、カウンターにお客さんが大勢座っている。
どんな店だろうかと、ショーウインドーを見ると  古くて黒っぽくなっている。

大丈夫かな?と中に入ると、長いテーブルの端に案内された。

Dsc08764_2Dsc08769_2

何を食べるか、表で「すき焼き丼」に決めていたが、壁を見るといろんなものがあるではないか。

「すき焼き丼」を注文して、改めて見る。

Dsc08766
とんかつ定食830円が気になる、煮込み定食700円が気になる。

洋食屋のメニューやうどんまである。


続きを読む

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

世田谷区桜新町「増田屋」(初)でおかめそば

     世田谷区桜新町

    増田屋

    おかめそば大盛り Dsc08658_3

世田谷区桜新町は『さざえさん』で有名な街だ。駅前には住宅地らしい規模がさほど大きくない商店街があり、磯野家も好きそうな大衆的な蕎麦屋「増田屋」がある。

長谷川町子美術館は駅の南側になり、そちらにも蕎麦屋はあるのだが、私にはこの「増田屋」こそ大衆的蕎麦屋であり、磯野家御用達の蕎麦屋であってほしいと思うのだ。

Dsc08663_4Dsc08661
桜新町は高級住宅地で、駅から歩いて5分ほどの新築マンションは70㎡で7500万ほどする。東京の西の郊外では4000万も出せば広いマンションを手に入れられる時代となったが、渋谷から30分ほどの桜新町は人気の街で、田舎者の私には何もかも高く感じられて仕方がない。

ところが、増田屋のお品書きを見て、びっくりした。

    もり・かけは450円!    大盛りは100円増。

地方都市の駅そば並みのお値段ではないか。

続きを読む

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

三軒茶屋 長崎ちゃんぽん「来来来」再訪(2)

Dsc08635_3 











Dsc08631_2皆さんが美味しいと言っているちゃんぽんの「来来来」だが、前回の訪問では今一つよくわからなかった。自称ちゃんぽん好きとしては恥ずかしい限りである。



近くに来たついでに再訪してみた。時刻は11時半。開店と同時に店に入った。



奥様に「写真を撮りたい」旨を伝え、料理とお品書きの許可をいただいた。



本日の注文は「ちゃんぽん」と豚まんにしよう。



「九州生まれの私の父親は、ちゃんぽんにソースをかけていた記憶がありますが、実際にかける人はいますか?」Dsc08632_2Dsc08634



「いいえ、あまりそういう人はいませんね」



と、奥様は答えてくれる。では、私の昔の記憶に残っている「ソースをかける」仕草はなんだったのか。単なる記憶違いなのだろうか。



いつも、混んでいる店だ。一番乗りした日ぐらいしか話をするタイミングはなかろう。


続きを読む

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

代田橋 手打ちそば「まるやま」(初)らんち親子丼とろとろだ。

ブログで訪れた飲食店や料理のことを書き出して、もう、何年になるだろうか。
2007年5月、今は閉店してしまった「国立 素朴庵」がスタートだった。もう6年にもなるのだ。

その間、食べ物屋を評価するとき、いろんなことを言っている。
自分で勝手に味がわかるような気になって、なんだかんだと書き散らかしている。

     とても旨い。が、これだけ高いのなら当然。
     この値段で、この量?この味?
     CP(コストパフォーマンス)が高い。
     リーズナブルな設定だ。などDsc08619

代田橋の「まるやま」は蕎麦好きの友人たちが絶賛している店だ。絶賛のブログを読めば読むほど、
     「美味しい」といったって、値段が高いのだろう。
     予約する特別な人に手の込んだ料理を出しているに違いない。

年齢とともに偏屈になっていく私には、近くに駐車場がないこともあいまって、訪問することがなかったのだ。

    Dsc08620Dsc08621

環七の大原の交差点付近を車で走っていると、間もなく午後2時になりそうだ。腹も減っている。偶然コインパーキングを見つけた。

ランチセットがあることは知っていたので、この機会に入ってみることにした。

訪問した「まるやま」の店内は20席足らず、小さな店だ。
注文は、らんち親子丼1150円に決めていた。この値段なら熟年の会社員も少し頑張れば支払える範囲だからだ。

Dsc08622_2
好物の親子丼がすごく旨そうだ。玉子が絶妙なところでトロトロで気持ちが高まってくる。

が、蕎麦も旨そうだ。少なく見えるのが残念だが(笑)。。。。。

早速、枯れた味がする汁を舐め、蕎麦を食べることとした。


続きを読む

テーマ:蕎麦 - ジャンル:グルメ