FC2ブログ
プロフィール

ひめはるぜみ(多摩)

Author:ひめはるぜみ(多摩)
故郷 多摩地区を中心に 食べ歩いたお店や料理を中心に描いています。最近のコンデジはレベルがあがり、写真の技術が伴わずピンボケ写真になっていますが、それも 愛嬌。ご容赦ください。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

来店者数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

多摩 我が愛しのお店②
東京多摩地区を中心に 楽しいお店・美味しいお店・あれっ?なお店を書いています。私の主観による感想で、情報提供をするサイトではありません。私の忘備録の日記です。
鴻巣市 手打ちそば「馬力屋(番外編)」で新蕎麦を食べる。

11月3日、連休最終日に鴻巣に行きました。鴻巣は6ヶ月ぶりです。久しぶりです。県道東松山鴻巣線で 広い河川敷の荒川を渡ったら、ファミリーマートがあります。同じ敷地に 手打ちそば「馬力屋」 があります。



























 私は、蕎麦が好きで、鴻巣・北本の手打ちそば屋をいくつが回りました。すばらしい景色の中ですばらしく美味しい蕎麦を食べさせてくれるお店、天婦羅に切れがあるお店、びっくりするような安い値段なのにおいしい蕎麦のお店といろんなお店にめぐり合いました。その中でも一番流行っている「馬力屋」は 鴻巣地域のスタンダードレベルだと思います。CP (コストパフォーマンス)が非常に高いお店です。このCPが基準となります。Dscf4507Dscf4508



 













お店の前を通ったら、新そばの看板です。夜7時、小腹が減ったので入ってみました。 


続きを読む
鴻巣 人気の蕎麦屋「馬力屋」(番外編)

毎日毎日、 蕎麦を食べていると、「いったい僕はどんな蕎麦が好きなのか」分からなくなってしまいます。特に 鴻巣の周りは 蕎麦・うどん天国です。 素晴らしく美味しい料理に会うお店があります。そうかと 思うと、450円くらいでそこそこの蕎麦で食べられるお店があります。CP(コストパフォーマンス)の基準がぐらぐら 揺るぎます。そんなときは 地元で一番人気の「馬力屋」さんに行きます。 私は、「馬力屋」こそ この地域の絶対基準だと考えています。Img_0345Img_0344



























鴻巣市 松山鴻巣線 御成橋 ファミリーマートの隣。 手打ち蕎麦 「馬力屋」

















さて、お品書きを開き 「今日は何を食べようかな~」。 鴨汁うどん・蕎麦がおいしいですね。うどんは地元の鴻巣産の地粉を使っているそうです。 そして蕎麦は せいろでも田舎も同じ値段です。お値打ち品ですよ。 悩みましたが やっぱり 普通に おせいろ(550円)にしました。Img_0347 Img_0346

















入店したのは、午後8時を回っていました。しかし まだ何組もお客さんが入っています。さすがに 人気のお店です。 座敷に天ぷらが運ばれていきました。 まだ急がしいのか、運ばれてきたおせろの盛りは乱雑ですね Img_0349Img_0350



























蕎麦を1口 食べてみました。 ほう~っ! 550円で 期待以上のお蕎麦です。この蕎麦なら都会のお店では650円~800円で出しているところが有ります。量は170gはありますから、何てCPが高いのでしょうか。(それにしても 本日の蕎麦は良い出来でした!) 汁をなめます。甘辛く感じるので 江戸蕎麦の基準からすると 甘口になります。出汁は利いていますが、もう少し利かせてくると まさに 名店の仲間入りですね。Img_0353Img_0351















 ただし 山葵は 練ですか~?  でも 山葵を使わなくても おいしく食べられるから あまり影響は有りませんね。 たっぷり蕎麦湯をいただき、東松山から 高速道路に乗りました。



手打ち蕎麦 「 馬力屋 」











鴻巣市滝馬室946  東松山県道御成橋近く



048-542-9055      定休日木曜日    昼休みあります。





本サイトの写真の著作権は 執筆者ひめはるぜみにあり、他のサイトの転用は一切禁じます。  



Copyright(C) 2008 himeharuzemi. All rights reserved.




鴻巣 十割手打ち蕎麦 「金木庵」(番外編)

鴻巣の住宅地の中に 蕎麦屋があります。17号バイパスのGEOとココスの間の道を中に入って 宮地公園を過ぎた辺りです。 手打ち蕎麦と有りますが、東京に住む僕には、全く無名のお店です。 ふらっと 入ってみました。店は 小上がりに席が3つ テーブルが3つのこじんまりとしたお店です。 



本格手打そばの店「金木庵」Dscf2846Dscf2835

























メニューを見ると、せいろともりの違いが貼り付けてありました。 こだわりを持ったお店のようです。 もりはひきぐるみで 3・7ぐらいだそうです。さあ、どれをいただきましょうか。鴨汁や田舎もありますが、 折角なので、土・日限定の十割蕎麦1050円をお願いしました。Dscf2833Dscf2836















 お値段は 鴻巣としては高いほうのお値段ですね。「さいや」さん、「いちい」さん 北本ならば「阿き津」さんに匹敵するのでしょうか。 楽しみに待っていると、出てきましたよ~ ♪



Dscf2841_2

























  Dscf2842Dscf2844















 蕎麦を食べると、甘みを感じます。が、十割の風味とは こんなものかな? 僕自身が、十割といえば、田舎風の穀物感溢れるそばが好きになったからでしょうか。 また、最近は、二八でも 外一でも 十割でも かまわなくなったのです。別に、割合が高いほうがいいとは 一概には言えないということを学んだからです。CPが非常に 高い二八に出会ってきたからです。 量的には170gくらいあるので、鴻巣では普通の分量になります。



 次に 汁をなめます。この汁は 只者ではありません。甘めの濃い汁の中にプンプン香る鰹の美味さが凝縮されて溶け込んでいます。 「旨い!」 汁だけで 記憶に残るお店になりました。蕎麦湯で割ると、魚臭くなる 不思議な汁です。 持って帰りたいと 思った汁でした。



Dscf2837Dscf2839Dscf2840









 でも、山葵が ちょっと いだだけませんでした。安い蕎麦屋ならば愛嬌ですが、 1000円越す値段ならば、本山葵を 出していただきたかったです。





Dscf2845 鴻巣市 そば切り屋 「金木庵」  



鴻巣市宮地5-12-4 048-542-1840



営業時間 11:30~14:30、17:30~20:00



定休日 毎週月曜日、第三火曜日



本サイトの写真の著作権は 執筆者ひめはるぜみにあり、他のサイトの転用は一切禁じます。  



Copyright(C) 2008 himeharuzemi. All rights reserved.


鴻巣市(旧吹上) 蕎麦うどん「瀧の家」(番外編)

  鴻巣市には 安くておいしい蕎麦・うどんやがたくさんあります。WEBで名前が出ているお店や本に載っているお店を一まわりしたら、無名のお店を発掘したくなりました。良さそうな外観であれば、躊躇せずに飛び込んでいます。Dscf2659Dscf2667



    













 道路から見ると、「当店のうどん・そばは自家製手作り食品添加物使用していません」の張り紙です。これは 入るしかありません。素晴らしく感じがいい花番さんに迎えられ、お茶を1杯いただきながら、お品書きを見ます。



Dscf2664Dscf2665















 なんとメニューが多彩で幅が広いことか! 「瀧の家」は蕎麦・うどんの専門店ではなく、街のお蕎麦屋さんのようです。もり蕎麦420円(安いですね~)を注文して、しばし待ちます。





420円のもりは やっぱりこの地域の街のお蕎麦屋さんのボリュームです。相当な量があります。蕎麦を食べると、味自体は薄いものの、街のお蕎麦屋さんならば CPが高いです。Dscf2668Dscf2669















  東京の「商標登録」のお店ならば 大盛りの量となり、味も同様ですから 600円位しますね。 次に 汁です。 ちょっとなめますが、しょっぱくて辛いです。 だしはあまり利いてなく、田舎風のストレートなしょっぱい汁の味です。 もりで食べるには 私には 辛すぎました。おすすめは「田舎汁700円」のようです。野菜を炒めるか煮込んで味を出すと、まろやかになって おいしい汁になるのかもしれません。次回は 田舎汁でうどんを食べてみましょう。Dscf2663Dscf2660





鴻巣市そば処 「瀧の家」



鴻巣市吹上本町1丁目



電話548-5455



本サイトの写真の著作権は 執筆者ひめはるぜみにあり、他のサイトの転用は一切禁じます。  



Copyright(C) 2008 himeharuzemi. All rights reserved.


鴻巣(旧吹上) 蕎麦「満留賀」天もり900円(番外編)

Dscf2649  先日、手打蕎麦が安くておいしい「どんまいじゃん」で、偶然横に座 たお客さんから、「量が多い」と勧められた鴻巣市大葦(おあし)の蕎麦屋さん「満留賀」に来ました。「どんまいじゃん」のお客さんですに勧められたお店ですから、期待で胸も膨らみます。



 店の後ろ側に駐車場が有りますが、満車です。人気があるお店ですね。早速、お品書きを覗き込みます。もり420円?」 麺類が安い鴻巣地域でも最安値では ありませんか?冷たい蕎麦で二番目に.高い天もり(900円)を注文しました。Dscf2653_3





運ばれてきた天もりの蕎麦はなぜか白いです。どんな味なのか、口に含みますが、ちょっと、 しばらくぶりですね。麺に味がありません。そうめんかと思いました    麺だけでは食べれませんので、汁につけました。Dscf2654Dscf2656_2この汁は甘めでだしが利いているおいしい汁です。















 たくさんあるので、麺をざぶざぶとつけます。ウン! 結構いけます。蕎麦の量は さすがに聞いていたとおり、すごいですね。目茶目茶多いですね。 大盛りは全品100円ましです。いったい、頼む人がいるのかな?と思っていたら、お馴染みさんらしい方が、大もりを頼んでいます。さて、前の席の方が、天丼とたぬきのセット800円を注文しました。「天丼、蕎麦も 少なめでねっ」と注文しています。少なめでも、量がたくさんあります。たぬきうどんは、揚げ玉が 甘めの汁を吸って 美味そうです。Dscf2652_3







「満留賀」の人気を支えているのは、セットメニューなんでしょうね。冷たいうどんが16種類あるのに対して暖かい蕎麦は 27種類も有ります。 御飯物と温かい蕎麦・うどんを食べるのが良さそうですね。





















鴻巣市(旧吹上町) 蕎麦・うどん 「満留賀」



電話番号:048-548-5779



住所: 埼玉県鴻巣市大芦1438


本サイトの写真の著作権は 執筆者ひめはるぜみにあり、他のサイトの転用は一切禁じます。  



Copyright(C) 2008 himeharuzemi. All rights reserved.


吹上町 手打ちそば「どんまいじゃん」(番外編)カレー汁

鴻巣市は 平成17 鴻巣市・吹上町・川里町がに合併して 新しい市になりました。旧鴻巣市のお蕎麦屋さんは だいぶ回りましたから、近くの旧吹上町の大芦(おあし)の「どんまいじゃん」を探しに行きました。 

緑の大きな看板があって 助かりました。お店の裏手のPに車を止めました。

Dscf2293Dscf2272Dscf2289
ドアを開けて 靴を脱ぎます。入口は狭いですが、左手には座席と 簡単な掘り下げたカウンター があります。2階にも 部屋があるようです。お昼時は満員です。人気のお店ですね。Dscf2288





セルフで薄い?(失礼)、 そば茶を頂きながら、メニューを覗き込みます。 せっかく来たのだから、2種類くらい食べたいなぁ。 二八のもりと十割にするか、いや 田舎にするか、旬天もりにするか、 悩みます。 私は 鴻巣の蕎麦屋さんが、量が多いことを知っています。ここは 先ず 様子見で1つだけ頼みましょう。

Dscf2275Dscf2274 
 自家製粉 生粉打ち(十割)900円を注文しました。

十割蕎麦は写真では 少なめに見えますが、なかなかどうして、東京の蕎麦屋とはちがいます。ざるが 平らではありません。くぼみがあるので、170g以上入っていそうです。 お隣の方の 十割蕎麦大盛り1250円は 山になっています。 「すごいですね~。いつもこんなに多いのですか?」と つい 声をかけてしまいました。

 十割蕎麦自体の味は、あまり 特徴を感じません。香りも甘みもさほど感じませんが、きっと私の好みと違っているせいなんでしょうね。


 汁は メニューに「水にこだわり、かつおぶし・こんぶ・しいたけだけで作りました」と、記載されています。 なめてみると、汁の味に複雑さはありません。それでも、これも アリ!です。非常にストレートで 気持ちがいい汁です。深みがないという言い方は当たりません。 この汁に 蕎麦をつけて 食べてみると、不思議や 不思議! 蕎麦単体では感じなかった蕎麦の甘みが浮き上がってくるではありませんか。
Dscf2277_3










Dscf2280Dscf2276 やっぱり もりも食べてみたい。カレー汁も食べてみたい良い考えを思いつきました。 十割蕎麦の汁は そのままにして、カレー汁蕎麦を待ちます。 先ず、二八蕎麦を不思議な汁につけて食べます。汁につけると 甘みが浮き上がってきます。おいし~いです。しかも、もりだけならば たった500円ですよ!

 カレー汁はお蕎麦屋さんの サラリとしたタイプです。つけ汁より、カレー南蛮のほうが、カレーと汁の味を十分に味わえておいしいかもしれません。 玉葱が新玉葱にきりかえっていますから、甘みが際立って感じました。Dscf2281_2Dscf2287Dscf2282



 










 ああ~、さすがに2人分を食べれば 食べ過ぎです(笑)。  お隣に座った方と 吹上の蕎麦談義です。この方は 東京の西多摩の方です。「なんだぁ、私の家の近くですね。ご自宅の周りには、おいしいお蕎麦屋さんが 多いですよね」と 話を振ると返ってきた答えは 「いや、量が少なくて高いのだよ。おいしい蕎麦を 腹いっぱい食べたいのです。今日は いつも行く蕎麦屋が休みだったので、こちらに来たのだよ」。(この方の蕎麦屋の評価は私といっしょですね ♪ ♪ )  いつも行く蕎麦屋って? 「近くの満留賀。もりと天ぷら頼むと もう 腹いっぱいで動けないよ」 Dscf2290 へぇ~~。初めてのお蕎麦屋さんで、次に行くお蕎麦屋さんを 見ず知らずの人に 紹介してもらいました。なんだか とても楽しいことです。


会計は1700円です。さすがに食べ過ぎましたね。お勘定場の横には なにやら お土産コーナーのようです。興味がありますが、買って帰るだけの余力は もうありません。

次回に期待です。

私の個人的感想。CPを考えると 通常の二八をつかった蕎麦が良いように思いました。特にもりの500円は圧倒的なお安さです。Dscf2294_3

吹上 「どんまいじゃん」

 048-548-5132
埼玉県鴻巣市大芦4529-9
11:00-20:00 


「定休日 水曜日 午後2時から?」 お昼の間は営業ということでしょうか 

本サイトの写真の著作権は 執筆者ひめはるぜみにあり、他のサイトの転用は一切禁じます。  Copyrite(C)2008 himeharuzemi. All rights reserved.


テーマ:蕎麦 - ジャンル:グルメ

鴻巣 大盛り蕎麦「あずみの」(番外編)

  Dscf2005Dscf1995















鴻巣の松原には いつもお客さんが絶えないお蕎麦屋さんが有ります。旧中山道のマミーマートの交差点を 荒川方面にまがって 県道57号線を少し行ったところです。



 「そば処 安曇野」



Dscf1991 Dscf2003















 今日は 小腹に収めるだけですから 、もり450円で 軽く行きましょう。他のお客さんたちは 御飯物をセットか お煮かけそばを注文しています。



 少しして 運ばれてきた もりそばの量を見て、びっくりしました。大盛りと頼んだ覚えはないですよね!Dscf1996Dscf1997



 













 おそばに ほのかに星が 見えます。香り・甘みとも薄いです。汁は醤油っぽくてダシはあまり利いていないストレートな味です。 普通の蕎麦屋さんですが、分量が半端ではありません。Dscf1998 Dscf1999















 大盛りで優に2枚分はありそうです。鴻巣地域は並もりが170g越えるお店が多いですが、「安曇野」は300g越えると思われます。Dscf1994_2



 人気店の一番の理由は、ボリュームと値段みたいです



他の御飯セットも超大盛りです。皆さんはもくもくと食べ切ってしまいます。



鴻巣は おいしいお店から定食屋まで色々なお蕎麦屋さんがあって、楽しいですね!



鴻巣市松原 「安曇野」



本サイトの写真の著作権は 執筆者ひめはるぜみにあり、他のサイトの転用は一切禁じます。  



Copyright(C) 2008 himeharuzemi. All rights reserved.






鴻巣 手打蕎麦屋で筍「いちい」(番外編)

Dscf2030 Dscf2025















北本・鴻巣でお蕎麦を食べるようになって分かったこと。北本・鴻巣は蕎麦・うどんの激戦地です。以外に知られていないのですが、おいしいお店・庶民に人気のお店・安くてたくさん食べられるお店が バリエーション豊かに 数多くあります。その中でも 鴻巣の鴻巣高校近くの「いちい」と「さいや」は隣り合わせの激戦です。



 今日は 商売で食品を扱っている蕎麦好き4人で石臼挽き自家製粉手打蕎麦「いちい」 にやってきました。



Dscf2028蕎麦は即決です。2人前ずつ二八と十割を鴨汁でお願いしました。でも なにやら山菜情報があります。天ぷらを食べたくなりました。「ご主人、なにか旨いものは有りますか?」 このお店は 「本日の旨いもの」を相談するのが 私の流儀です。 「そりゃ~ 竹の子です。京都まで新幹線で見に行ったほどの竹の子です! 天ぷらは 食べた人は 皆 おいしいといいます!」 すごく力が 入っています。では 竹の子天ぷら400円を各自 付け足して 待ちました。 もともと お蕎麦はおいしいことは知っています。前回の訪問で感激したものです。http://himeraruzemi.blog.ocn.ne.jp/tama/2008/01/post_78f6.html  本日は 並みもりです。



蕎麦のおいしさは 前回も書きました。おいしい蕎麦粉に触れて、開業した脱サラのご主人が 毎日 自家製粉・手打で提供しています。十割も旨いが 二八が大変においしいです。本来、鴨汁には二八のほうがおいしいとご主人は説明します。蕎麦は強く 穀物の旨さがしっかりと味わえます。Dscf2016Dscf2019 















前のほうが二八です。後ろが十割。















さらに 拡大します。左が 二八、右が十割です。



  Dscf2017 Dscf2018

















 でも、今日は お蕎麦のおいしさは 横においておきましょう。  お蕎麦と同時に各人に供されたのは、黄金色の竹の子の天ぷらです。小さなカットで出てくると思っていましたが、縦に切ったものが2切れです。木の芽が飾られ、塩が付けられました。Dscf2020 Dscf2022















  「穂先と根元では味が違います。暖かいうちに召し上がってください」暖かい筍を1口食べます。「おいしいです!!」 男4人が 異口同音です。その後 味を確かめる間もなく 1切れ食べてしまいました。



 本当においしいものって 口で味を確かめる余裕もなく 食べてしまうものなんですね



 いつもは 蕎麦を伸ばさないように 全力で蕎麦を食べている人が、蕎麦を手繰らず、すでに 筍、2切れ目に行っています。穂先のほうは 軽く爽やかな おいしさ。 下のほうは 密度が高くて 凝縮した味。料理の仕方(アク)の抜き方に技術があるのか?  ひょっとしたら「アク」抜きしていないくらいの鮮度が良い物かも知れません。Dscf2029



 「すばらしい竹の子に であったので、新幹線で京都まで見に行きました。 大きいサイズは いくところが決まっているので、うちには まわしてもらえません。おいしい筍はあと、1週間くらいです」



 私はこの時期 相当 筍を食べている自信が有りましたが、「いちい」筍の天ぷらのおいしさには、脱帽です。参りました! 「すごくおいしかった。参りました」というと、ご主人は 幸せそうな表情をしました。本当に ご主人は料理が好きで、お客さんの笑顔が見るのが好きなんだなと思います。



Dscf2015_2   



石臼挽き自家製粉 手打蕎麦 いちい



鴻巣市大間537-3   電話 048-541-5465  



平日は11:30から14:30頃(蕎麦がなくなるまで)休日は夕方もやっています。営業時間を確かめて 行ってください。



HP   http://park11.wakwak.com/~ichii.akaba/



本サイトの写真の著作権は 執筆者ひめはるぜみにあり、他のサイトの転用は一切禁じます。  



Copyright(C) 2008 himeharuzemi. All rights reserved.


鴻巣 手打そば「馬力屋」(番外編)かけそば

 鴻巣や北本には、蕎麦・うどん屋が多いです。感心するばかりのおいしいお蕎麦を出してくれるお店や、なんと500円前後で170gの手打蕎麦を食べられるお店まで、選択の幅がすごく広いです。 鴨汁せいろひとつ取っても1300円~800円まで差がありますね。お値段との比較が有りますので、いろいろ食べているうちに、何が美味しくて、何が美味しくないのか 分からなくなってしまいます。 そんなときは、地元で人気のお蕎麦屋さんに行くのが、私のやり方です。



  松山県道ファミリーマート横 手打そば 「 馬力屋 」 Dscf1771 Dscf1777















 今日は、かけ550円にしました。大盛りで100円プラスです。二八も十割も同じ値段です。ほどなく、運ばれてきたかけそばは、たっぷり入っています。熱で柔らかくなりやすいので 食べ続けます。久しぶりにたべる二八は、やはり美味しいです♪ 汁は 少し醤油が勝った感じです。それ以外に特徴はないのですが、かえって これが地元で人気の理由なんでしょうね。



Dscf1773Dscf1780















  













 12時過ぎになると、地元も方がどんどん入ってきます。多くの方は 鴨汁850円や天ぷら付き(+1000円)を頼んでいます。かけやもりだけを 単品で注文する方は少ないですね。Dscf1783



 食べ終わって、馬力屋のおそばは やっぱり鴻巣のスタンダードだと思いました。個人的な好みをいえば、かけの大盛りより、 人気の鴨汁せいろにするのが美味しいと思いました。 



東松山県道御成橋近く 



手打ちそば 「 馬力屋 」











  鴻巣市滝馬室946 電話542-9055   毎週木曜日定休



本サイトの写真の著作権は 執筆者ひめはるぜみにあり、他のサイトの転用は一切禁じます。  



Copyright(C) 2008 himeharuzemi. All rights reserved.