FC2ブログ
プロフィール

ひめはるぜみ(多摩)

Author:ひめはるぜみ(多摩)
故郷 多摩地区を中心に 食べ歩いたお店や料理を中心に描いています。最近のコンデジはレベルがあがり、写真の技術が伴わずピンボケ写真になっていますが、それも 愛嬌。ご容赦ください。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

来店者数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

多摩 我が愛しのお店②
東京多摩地区を中心に 楽しいお店・美味しいお店・あれっ?なお店を書いています。私の主観による感想で、情報提供をするサイトではありません。私の忘備録の日記です。
昭島「初代 哲麺」値引き本をもって全部のっけ味噌
 スーパーの雑誌コーナーに「パスポート」があった。
めくってみると「麺」でほとんどがラーメン屋だ。
あまり縁がなさそうだが、さらに地図のページを見ると
昭島の「初代 哲麺」があった。つい先日食べて旨いと思った店だ。
さっそく本を手にして再訪をかけた。
181121昭島哲麺003R
値引き本のメニューは、全部のっけ1000円が500円だ。
味噌味、麺ちょいかた、味濃い目、油普通。
181121昭島哲麺005R
全部のっけは、豪華だ。
ネギのシャキシャキ感が最高だ。
スープは味噌だが、哲麺には本来のしょうゆの方が合っているように思える。
味噌豚骨が旨い店もあるが、哲麺の白っぽい味噌とは相性はどうだろうか。
181121昭島哲麺006R
スープは味こいめにした。
先日の訪問で替え玉を入れると薄くなりすぎたと思ったからだ。
だが、替え玉を入れないならば、「普通」が一番良いのかもしれない。
181121昭島哲麺009R
ご馳走様。
500円でこんなに豪勢なラーメンを食べさせてもらった。
今度はどこに行こうかな。
181121昭島哲麺001R  

2018年11月21日(水)夜10時の訪問

以前の訪問記事はこちらから

食べログの情報はこちらから

このサイトの著作権は著作者のひめはるぜみにあり、
文章・写真の転用を一切お断りしております。  
Copyraight(c) 2018 himeharuzemi. All right reserved

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

立川駅南口「だるま」焼鳥が旨い。
 今夜も焼き鳥が食べたくなった。
立川駅南口で焼き鳥といえば「だるま」だ。
相当ディープな店で、店もディープならば常連さんもディープである。
181120立川南口だるま001R
今日は最初から日本酒で行こう。
居酒屋で飲むのは安い酒の方が旨い事があるので、
清酒にしよう。
メニューにはないが、壁に貼られている短冊には「嘉泉」が450円だ。
注文すると・・・・冷が出てきた。
181120立川南口だるま003R
居酒屋でも「燗」といわないと
熱燗が出てこない時代になったらしい。
お通しに、キャベツと白和えだ。
181120立川南口だるま004R
「だるま」では必ず2つのお通しが出てくる。
やっとキャベツが甘くなったとぼりぼり食べる。
181120立川南口だるま008R
さて、焼き物は
かしら、しろ、テッポウだ。
味がわかるように塩で注文したが
しろとテッポウはやっぱりたれの方が旨いな。
181120立川南口だるま007R
今日のお代は
嘉泉450円、テッポウ160円、シロ135円、かしら160円。
支払ったのは2000円出して862円のお返し。つまり1138円。
税抜き1053円になる。
お通し代は148円?
2018円11月20日夜の訪問

以前の訪問記事はこちらから

食べログの情報はこちらから


このサイトの著作権は著作者のひめはるぜみにあり、
文章・写真の転用を一切お断りしております。  
Copyraight(c) 2018 himeharuzemi. All right reserved.


テーマ:居酒屋巡り - ジャンル:グルメ

亀有リリオ7階「クリマ」は赤ちゃん連れでも安心
昔はイトーヨーカドー亀有店といった
駅前にあるリリオに赤ちゃんが一緒でも食事をとれるレストランがある。
「リクマ」
隣が図書館で赤ちゃん連れのママたちが
ママ友と食事をするほほえましい風景が見れる。
181120亀有クリマ016R
メニューとしては、普通の洋食屋さんだ。
定食の値段は1000円より少し上だろうか。
181120亀有クリマ010R
椅子席のほか
奥には小上がりがあって、
ハイハイの赤ちゃんの休み処となっている。
181120亀有クリマ003R

181120亀有クリマ002R
今日は久しぶりのパスタで
「鉄板ナポリタン」880円を食べることにした。
一人暮らしの男の食事にはパスタはテーブルに存在しないし
勤務時間が不規則な私の外食はラーメンになることが圧倒的に多い。
181120亀有クリマ011R
鉄板ナポリタンは
下に卵の薄焼きをクレープのように敷き
ピーマンとウインナーのナポリタンだ。
スープは「はねない系」というより、無いに等しい。

私の娘が食べている定食は「唐揚げ」である。
娘が食事を食べ始めると、ハイハイで脱走を始める孫のお守は
じいちゃんの役割だ。
可愛い~。
181120亀有クリマ014R
目に入れても痛くないというのは
こういうことなんだ。

2018年11月20日 ランチタイムの訪問

食べログの情報はこちらから

このサイトの著作権は著作者のひめはるぜみにあり、
文章・写真の転用を一切お断りしております。  
Copyraight(c) 2018 himeharuzemi. All right reserved.

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

立川駅南口「煮込み専門店マルミヤ」煮込みにつられて再訪問
先日食べた煮込みが美味しくて
また、ふらふらウインズ方面にやってきた。
手前に「かぶら屋」「立川ホルモン」、隣に「馬力」が並ぶ激戦の通りの
「煮込み専門マルミヤ」である。
181120立川マルミヤ001R
入店するとなんとハッピーアワーの最後の時間だ。
立川ってハッピーアワー推奨街なのだろうか。
ハッピーアワーをやっていないところは「お疲れ様セット」で対抗しているし、
夜な夜な出没するおじさんたちに優しい町である。181120立川マルミヤ002R
それならばと、カウンターにすわるやいなや
生ビール大ジョッキ475円と煮込み380円を注文。
ぐいぐい飲んでパクパク食べるとしよう。
181120立川マルミヤ003R
モツは相変わらず旨い。
いろんな部位が入っていて、
それぞれの味が汁に溶け込んでいるんだろう。
181120立川マルミヤ005R
さて、今日は猛烈に興味をそそられてるメニュー
「もや二郎」なるものを食べてみよう。
分類は野菜のところだが、なにしろ「二郎」だ。
ましましだろうか。
お品書きにも「肉マシマシ」が乗っているし、
怖いもの見たさの注文である。
181120立川マルミヤ006R
出てきた「もや二郎」は不思議な食べ物だった。
簡単に言えば「ラーメン二郎」のトッピング部分だ。
かるく茹でたもやしが脂の上に置かれ、
豚の脂身を味付けて天かすのようになったものが乗っかる。
横にはニンニクである。
不思議にバランスがとれており、悪くない。
でもきっと、嫌いな人は絶対に嫌いなアイテムと思う。

もつ煮380円、もや二郎380円、生ビール大ハッピーアワーで475円
合わせて1235円と消費税98円で1333円也。安い。腹いっぱい。

2018年11月20日(火曜日)夜7時の訪問

以前の訪問記事はこちらから

食べログの情報はこちらから

このサイトの著作権は著作者のひめはるぜみにあり、
文章・写真の転用を一切お断りしております。  
Copyraight(c) 2018 himeharuzemi. All right reserved.

テーマ:居酒屋巡り - ジャンル:グルメ

立川駅西口エキュート「武蔵野うどん こぶし」本格的な武蔵野うどんだ。
 駅で立ち食い蕎麦を食べることは通勤時のささやかな楽しみであり、
そのローカルなメニューは旅行のお土産でもあった。
しかし、東日本のJR各駅の蕎麦屋は
JR系の関連会社の運営するものとなり、
私たちの仲間の中では非常に評判を落としている。
立川駅の「中村屋」は名前と運営をかえて久しい。
181120立川駅武蔵野うどん「こぶし」011R
朝、駅で何かお腹に入れようとし、
新しくできた西の改札口付近にある武蔵野うどんに入ることにした。
初めて試す店である。
朝から730円はいかがなものかと思うが
代表的な肉汁を食べることにした。
181120立川駅武蔵野うどん「こぶし」001R  
待ち時間は10分なかっただろう。
太くて茶色がかかったうどんが出てきた。
麺の中にはいわゆる「星」が飛び
小麦の風味を高める工夫がしてある。
181120立川駅武蔵野うどん「こぶし」004R

181120立川駅武蔵野うどん「こぶし」005R
汁は最初に彩に供えられた緑の小松菜が目に入る。
豚バラにしいたけ、ねぎ、油揚げが入り
お手本のような武蔵野うどんの汁である。
181120立川駅武蔵野うどん「こぶし」006R
濁った感じは豚の油で、
食べているときは旨みでも、電車に乗った後も喉に絡まる感があり
駅中店としては、油は少なくてもよいだろうと思った。
181120立川駅武蔵野うどん「こぶし」008R
この太いうどんをつけて食べていくと
なんとも旨い。
駅ナカという特別な立地だ。
「ゆでるのに15分かかります」とは言えないだろう。
うどんをワシワシ、ギシギシ食べる楽しみは減少するが
小麦の味、風味。若干甘めの汁との相性が抜群で、
旨いと思う。
181120立川駅武蔵野うどん「こぶし」009R
つけ麵のように割りを足し、汁を飲み干す。
うどん好きとしてはあと50gほどあれば嬉しいが
賃料を考えれば仕方がないことであろう。
181120立川駅武蔵野うどん「こぶし」010R
朝は限定セットが500円以下で用意されている。
おすすめしたい店である。
こぶしは立川市の花である。それにちなんだ名前と勝手に推測した。

追記 先客のごぼう天うどんが旨そうに見えた。
讃岐や博多のトッピングに似ているとニンマリしてしまう。
なお、経営はあのJR系の関連会社NREだ。
おみそれした。

2018年11月20日 朝8時半の訪問

食べログの情報はこちらから

このサイトの著作権は著作者のひめはるぜみにあり、
文章・写真の転用を一切お断りしております。  
Copyraight(c) 2018 himeharuzemi. All right reserved.

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

昭島「初代 哲麺」夜中の豚骨は旨い
 夜中のラーメンは旨い。という。
ところで夜中とはいつからいつまでが夜中なのか。
夜22時から朝6時までなら深夜手当が出るから
夜10時からが夜中なのか。
いや「中」だから零時から前後1時間くらいだろうか。
181119昭島哲麺001R
昭島のイトーヨーカドーの近くの
「初代 哲麺」に午後10時に訪問した。
カウンターだけのこじんまりとした店だ。
この時間なのに、この場所なのに
仕事帰りの人たちが三々五々入店してくる。
181119昭島哲麺003R
何年振りかの入店だ。
自販機のメニューは大幅に変化していた。
アイテム増でどれを選んで良いか、瞳がぐるぐる盤を見回している。
目が泳ぐとはこういうことだ。
やっと普通の「豚骨ラーメン500円」を探し出し
替玉50円を押した。
181119昭島哲麺004R
麺は硬め15秒で注文。
替玉はやや硬めで追加。
出てきた黒っぽい乳白色スープには黒っぽい油が浮いている。
焦がしねぎ油のようにも見えるが何なんだろうか。
そこに高菜と紅生姜を乗せて完成だ。
181119昭島哲麺005R  
夜中に食べる東京豚骨は旨い。
スープの中に不純物のように入っていて、
高菜かきくらげか、それとも何かわからないものが
小さな固形物となって口の中で
スープと混じり味の変化や食感の違いを呼んでくる。

今やチェーン飲食店となった「哲麺」の
美味しさが高レベルで保たれているとは驚きだった。
店舗数が増えれば増えるだけ標準化が進み
そこそこの味に落ち着いてしまうチェーン店が多い中、
「旨い」しかも500円とは嬉しい限りだ。
181119昭島哲麺006R
替玉50円を飲み込み、美味しい夜食タイムは終了した。

2018年11月19日 夜10時の訪問

以前の訪問記事はこちらから

食べログの情報はこちらから

このサイトの著作権は著作者のひめはるぜみにあり、
文章・写真の転用を一切お断りしております。  
Copyraight(c) 2018 himeharuzemi. All right reserved.


テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

昭島「MOVIX」でアニメゴジラレイトショーは入場客6人だった
 私たちの年代が親に連れられて映画館に行ったのは
主要駅の繁華街だった。
中学高校となると、もっと大きいターミナルの繁華街に行くが、
歌舞伎町や逆に町の小さな名画座に行けるようになったのは大学生になってからだ。
ところが最近は
どこにでもといっては語弊があるが
私の生活圏の中にも3つや4つ映画館がある。
181118昭島MOVIX001R
昭島のMOVIXはいつも空いている映画館だ。
私が若くデートに使うならば絶対に新宿か、せめて立川を選ぶのであるが
昭島は駐車場の補助券が出るし、何より空いているので便利にしている。
181118昭島MOVIX002R
今、何をやっているかとネットで検索すると
友人たちがSNSで発信している「ボヘミアンラプソディ」を見つけた。
他には「ゴジラ」のアニメ版がある。
声優陣の豪華さに惹かれて、アニメを見ることにした。
181118昭島MOVIX003R
開場を案内されて中に入ると、他には誰もいない。
実は、席を購入するときにお客さんが少ないとわかっていたのだが
本当にいない。
上映時間になって数えるとたった6人だ。
181118昭島MOVIX004R
昭島MOVIXはいつも空いている。
これでやっていけるのは不思議だが
映画館の超穴場なのだ。

2018年11月18日 (日)レイトショー
シニア料金は1100円。

公式サイトはこちらから

このサイトの著作権は著作者のひめはるぜみにあり、
文章・写真の転用を一切お断りしております。  
Copyraight(c) 2018 himeharuzemi. All right reserved.


テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

日野豊田「咲楽(さくら)」うどん300円といなり100円と玉子焼き100円ととり天50円
讃岐うどんとは、日常食であるに違いない。と、思いたい。
だが、東京の現実は厳しい。
高い土地代・賃料
10月に改訂された最低時給は985円 (アルバイトにも適用される)
181118日野豊田「咲楽」006R
先日、立川駅近くの「香川うどん 一福」に行ってきた。
私にはコスパが合わないように思えた。
友人たちは「悪くない」という。逆にプラス評価の面々が多い。
で、私の中での「讃岐うどん」の代名詞である日野市豊田、
市民病院の近くの「咲楽」で
秤の修正をしように久々の訪問をした。
181118日野豊田「咲楽」002R
咲楽の朝は早い。
市民病院の夜勤明けのスタッフが寄ってくれると以前聞いたことがあるが、
朝7時には開いているので「山田うどん」並みの便利さである。
今朝も寒い。寒い朝は身体を温めたいので「かけ」で1玉300円を註文する。
強面といわれるご主人は本当は人懐っこい。
写真を撮っていいかの問いに、私が入らなければよいと笑顔。
「15分かかりますけどいいですか」
うどんは15分かかるのが当たり前だと了承してサイドメニューを選び出した。
181118日野豊田「咲楽」001R

181118日野豊田「咲楽」005R
いろんな具と金ゴマが美味しい稲荷を一個100円。
とり天1個50円  もも肉。
玉子焼き1皿100円。
どれもが旨いが、玉子焼きの旨さと甘さが私好みだ。
「うどんの出汁で作っています」とご主人が返す。
蕎麦屋の出汁玉子とは違って、
家庭的で優しいのは、うどんの出汁のなす業であろう。

讃岐うどん1玉が出てきた。
181118日野豊田「咲楽」007R
揚げ玉は自分で入れるスタイル。
薬味に生姜を少しいただく。
汁は上品で優しい。
うどんは「温」なので柔らかくなっている。
今時の表現でいえば「ほっこりする」味。
尖ったところがなく、しみじみとして安心して飲み干せる。
181118日野豊田「咲楽」009R  
私は全国チェーンのうどん屋は大好きでよく利用する。
安くて美味しい店だと思っている。
だが、「咲楽」でうどんを食べると、
両者はまったく違う、別物だと再認識する。
181118日野豊田「咲楽」004R
「咲楽」にはおでんが湯気をたてている。
旨そうだなぁと思ってもさすがに腹は膨れている。
酒クーラーで冷やしてあるのは加賀鳶である。
一杯やっていきたいが、この場所ではさすがに徒歩で来るのは難しい。
だれかお付き合いしてくれる奇特な方はいないだろうか。
181118日野豊田「咲楽」010R

本日の支払いは550円+税金=594円
私の讃岐うどんのコスパの基準秤を調整するにはいたらなかった。

2018年11月18日 朝9時の訪問

以前の訪問記事はこちらから

食べログの情報はこちらから

ああこのサイトの著作権は著作者のひめはるぜみにあり、
文章・写真の転用を一切お断りしております。  
Copyraight(c) 2018 himeharuzemi. All right reserved.

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

昭島「富士見湯」朝ぶろに行く
 昨日は歩きすぎた。
スマホのアプリを見ると2万歩を超えている。
道理で腰がだるい。その影響で膝関節も痛い。
「身体はつながっている。影響しあっている」
歳を取って実感するのだった。

身体を温めよう。ついでにマッサージ椅子に乗ってこよう。
となると
昭島の「富士見湯」がベストだ。
181117昭島富士見湯001R
460円で入場券を自販機で買う。
シャンプーとボディソープは銭湯が無料のサービスをしている。
無料だから何だかんだいうと罰が当たる。
しかし、できれば自分が使っているものを持って行った方が良い。
181117昭島富士見湯002R
久し振りの訪問だった。
いつの間にか朝の休み時間が変わっていた。
個人で最大限の営業努力をしている銭湯だ。
無理をしないでいただきたい。
181117昭島富士見湯003R
光を取り入れる三角屋根の構造の建物の
朝は明るい。
夜は気が付かなかったが、天井のペンキはまばらになり取れかかっている。
やっていることと収入のバランスが合わないか
相当なプラスの経費が必要なんだろうか。
僕たちのために何としても頑張っていってもらいたい。
クラウドファンディングしたら成功するだろうか。

2018年11月17日(土)朝8時

以前の訪問記事はこちらから


このサイトの著作権は著作者のひめはるぜみにあり、
文章・写真の転用を一切お断りしております。  
Copyraight(c) 2018 himeharuzemi. All right reserved.

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

あきる野市「花がき」カレーうどん あれっ 値段が上がっている。
 以前訪問した時のもりは680円で今回は730円で50円アップした。
カレーは680円が750円になり70円アップになっていた。
7%のアップになった。
しかも花がきは税抜き価格表示だから、
カレーうどんを食べると810円となる。
すごくコスパがいい店が、普通のコスパが良い店になった。
181116あきる野花がき004R
今日は朝から調子が良くなかった。
予定していた仕事の段取りが突発的なことが重なりうまく進めることができなかった。
こんなことはよくあることだ。
分かっているがどうもイライラしてしまい毒を吐いてしまう。
181116あきる野花がき005R
気分転換に来た「花がき」で食べようと思っていたイカ天重の値段を見て
あれっと、思った。
念のため蕎麦の値段を確認するとやはり上がっていたのだ。
予定通りイカ天重を食べればいいのに
ちょっぴり安いカレーうどんにして、胸の内で抵抗してしまっていた。
181116あきる野花がき006R
そんな日もある。
午後からも、仕事を押し付けてくる先輩に
「あなたの仕事でしょ。」と言いそうになるのをギリギリのところで我慢した。

明日は鼻歌を歌いながら気持ちを切り替えていこう。
やるきまんまんまん (音が出ますのでご注意)

2018年11月9日 午後1時すぎの訪問

以前の訪問記事はこちらから

食べログの情報はこちらから

このサイトの著作権は著作者のひめはるぜみにあり、
文章・写真の転用を一切お断りしております。  
Copyraight(c) 2018 himeharuzemi. All right reserved.

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

立川駅南口「マルミヤ」煮込みが最高
 美味しい焼き鳥を抜群のコスパで食べさせる店「立川のけむり」で
煮込み談議をしていて
スタッフが美味しいと教えてくれた店「煮込み専門マルミヤ」。
何だ、「馬力」の隣の店ではないか。
181115立川マルミヤ001R
すでに中ジョッキを3杯、熱燗を1合飲んでいる。
だがプロが美味しいという店だ。
ここは行かずにいられない。
181115立川マルミヤ003R
奥のカウンターに座り、ホッピーセットと煮込みを注文した。
スタッフは若く元気だ。この若さで旨いもつ煮が出せるのであろうか。
181115立川マルミヤ002R
心配は無用だった。
待たずにホッピーに追っかけて煮込みがやってきた。
ガツ、テッポウ、シロ、コブクロ、ギアラが入っているらしい。
181115立川マルミヤ004R

181115立川マルミヤ007R
そして、旨い。
これだけの量があって380円なのだ。
もう一品欲しくなる。
大好きな豆腐にしようか。
肉豆腐で豆腐のみ150円を選んだ。
181115立川マルミヤ010R
真っ黒で濃いスープに浸って豆腐が出てきた。
汁が浸透して、ちょっぴり辛い。
181115立川マルミヤ011R
今晩は、アルコールもお腹も飲みすぎ、食べ過ぎでギブアップだ
他にもいろいろ興味があるので
今度は最初の店としてやって来よう。
181115立川マルミヤ008R

2018年11月15日(水)午後7時の入店

食べログの情報はこちらから

このサイトの著作権は著作者のひめはるぜみにあり、
文章・写真の転用を一切お断りしております。  
Copyraight(c) 2018 himeharuzemi. All right reserved.


テーマ:居酒屋巡り - ジャンル:グルメ

立川駅南口「立川のけむり」焼き鳥が旨くてリーズナブル
 立川駅付近は飲むところに事欠かない。
この1か月の間、立ち飲みをはじめとして
気軽に入れる店を中心にレポートしてきた。
たまには美味しいと評判の店に行ってみようかとネットを見ると
「立川のけむり」が楽しそうだ。
早速、アレアレアの後ろ側にあるビルの中二階に入ってみた。
181115立川立川のけむり001R

181115立川立川のけむり003R
店内は意外と広く、私が訪れる店としては非常に格が高そうだ。
思わず財布の中のお札を頭の中で数え始めた。
焼鳥屋とおでん屋はピンキリの振り幅が大きく
美味しいからと追加していくと
想定外の値段になったことが何度もあるからだ。
ましてや、この「立川のけむり」はおいしいと評判の店だから
それなりの覚悟が必要である。
181115立川立川のけむり005R  
何を飲もうかとレギュラーメニューを見ていると
「今なら半額でハッピーアワードリンクがありますよ。」
と、焼き方が勧めてくれた。
それではと、エビスの中ジョッキにした。
181115立川立川のけむり004R
焼鳥は、「俺のおまかせ5本1000円」を選んだ。
一本当たり200円なら、お勘定を警戒することはいらないだろう。
すっかり、リラックスして、エビスをお替わりした。
181115立川立川のけむり002R
中ジョッキは、私が酒を覚えたころに比べると
小ジョッキだ。
いつの間には業界の枡は小さくなったようだ。
181115立川立川のけむり006R
お通しは鶏肉とレンコンの竜田揚げを汁に浸したようなもの。
手が込んでいる。
181115立川立川のけむり008R
最初の2本は、手前からもも柚子胡椒、せせり九条ネギだ。
炭火の香ばしい香りと塩味が良い。
ももが柔らかいので地鶏ではなさそうだが、ブロイラーの臭みがない。
餌や飼育方法、飼育期間を検討した鶏なのであろう。
181115立川立川のけむり011R
もう一つお通しですと、
煮た大根を揚げたものが出てきた。
これ、旨いな。
181115立川立川のけむり012R
つぎはハツもと。
濃い色のたれにつけられて、脂の旨さ、タレの辛さと風味が重なって
お代わりしたくなるくらい旨い。 
181115立川立川のけむり013R
薬味は何がいいかと考えるが適当なものが思い浮かばない。
このまま食べるか、ひょっとしてマヨネーズ?
(「美味しいぼ」のカツオの巻きのように考えてしまう)
181115立川立川のけむり017R
丸はつとつくねを食べてながら気分は満足だ。
酒を熱燗で一杯飲んで帰ろうとしよう。
選ばれたいい酒がある。
まだ飲んだことがない「36人衆」を燗でお願いした。
本来このリストにある酒は冷酒で出すそうだが、
無理を聞いていただいたようだ。
181115立川立川のけむり016R
燗の温度が抜群で、酒の風味が活性化して
口の中の脂や不純物を流し去ってくれるようだ。
「酒の良さを失わない温度にしました」と言われて納得した。
181115立川立川のけむり019R
中ジョッキ3杯、俺のおまかせ5本、お通し2個、
日本酒1合飲んで、合計3000円ちょっとだった。

凄く旨い店かいうと語弊がある。
だが、美味しい焼き鳥を抜群のコスパで提供する店といえる。
再訪間違いなし。

おいしい煮込みの店「マルミヤ」を教えていただいた。
そのまま帰るのはやめて、もう一軒寄ってみるのだった。

2018年11月14日 午後6時の訪問

食べログの情報はこちらから


このサイトの著作権は著作者のひめはるぜみにあり、
文章・写真の転用を一切お断りしております。  
Copyraight(c) 2018 himeharuzemi. All right reserved.

テーマ:居酒屋巡り - ジャンル:グルメ

立川駅南口「讃岐うどん 一福」かけ500円と鶏天120円
 立川駅南口のウインズ辺りを
うろうろ歩いていると新しいうどん屋と行き会った。
私の大好きな讃岐うどんらしい。
181115立川讃岐うどん一福001R
時刻はまだ12時前だが
そのまま入店して自販機で
「かけ 中500円」と「とり天120円」を買った。
181115立川讃岐うどん一福007R
12時前であり店内に人はまばらだ。
人気店という店ではないらしい。
半分セルフと書いてあったが、実際はオールセルフの形態だ。
181115立川讃岐うどん一福005R
うどんはすぐ出てくる。
駅そばのような速さで、富士そばより早い。
とり天は後から出てくる。
181115立川讃岐うどん一福003R
汁を一飲みすると、
柔らかくほっとする味だ。
強烈なイリコ出汁をウリにする店もある中、ホッとする。
181115立川讃岐うどん一福004R
うどんは、柔らかく腰がほとんどない。
歯が悪い年寄りにも食べられそうだ。
とり天は温かく柔らかい。
衣に味はない。鶏は油っけが多い。
つまりバランスが悪い。
181115立川讃岐うどん一福006R
これならば、二つで500円位ならば良いなと思ってしまった。

家にかえってネットで検索すると
大変な有名店らしい。
馬鹿舌の私には上品な食べ物は合わなかったらしい。

2018年11月14日(水)12時前の入店

食べログの情報はこちらから


私が好きな讃岐うどん屋の記録は以下の通り。
東村山「こげら」
日野「咲楽」
八王子「いそや」

このサイトの著作権は著作者のひめはるぜみにあり、
文章・写真の転用を一切お断りしております。  
Copyraight(c) 2018 himeharuzemi. All right reserved.

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

あきる野市「中国料理ぼん天」ランチタイムに五目中華丼を食べる
 寒い夜に帰宅すると
何枚めかの喪中はがきがポストに入っている。
もう11月の中旬になっていく。
181113あきる野梵天001R
野菜が足りない病になりつつある。
あれほど嫌っていたスーパーやコンビニの野菜サラダに手を出しそうだ。
売れている理由を切実に感じている。
さて、中華料理で野菜がとれるのは中華丼だろうと
あきる野市の「ぼん天」にやってきた。
181113あきる野梵天002R
店舗に古さを感じる。40人は入りそうな広い店を
ご主人と奥様?二人で切り盛りしている。
訪問したのは午後1時すぎ。
女性客が1組、男性客が3組だ。
男性客はどのテーブルも煙草の煙が上がっている。
181113あきる野梵天003R
残念なことに「ぼん天」にはランチタイムのサービスメニューがない。
大盛サービスだけだ。
選んだ中華丼は税込みで920円だった。
181113あきる野梵天004R
注文して15分以上かかったころ、
醤油味の熱々の中華丼が運ばれてきた。
休憩時間に限りがある人にはこの待ち時間は厳しい。
急いで熱々を食べていく。
181113あきる野梵天005R
味は普通だ。
小松菜が見た目にも味もワンポイントになっている。
小松菜の美味しさを思いだした。
地元の畑でもたくさん取れ始めているので、
帰りに地場野菜売り場で買っていくことにした。

2018年11月13日(火曜日)午後1時すぎの訪問

食べログの情報はこちらから

このサイトの著作権は著作者のひめはるぜみにあり、
文章・写真の転用を一切お断りしております。  
Copyraight(c) 2018 himeharuzemi. All right reserved.

テーマ:中華料理 - ジャンル:グルメ

府中インター「幸楽苑」味噌野菜たんめん よくできている
 国立府中インターの近くにある幸楽苑はいつもお客さんで賑わっている。
いつも気になっていた店だ。
しかも「野菜」が店名の前に記されている。

最近外食と弁当ばかりで
野菜が足りないと自覚している私は「野菜」の看板につられて入店したのだ。
食生活に偏りがあると自覚はあっての入店だが
本当は「らーめん屋」に入ってはいけないのではないだろうか。
幸楽苑1  
お昼の時間はだいぶ過ぎてしまっているが
お客さんはひっきりなしに入ってくる。
スタッフは男性が2名、女性が5名で繁盛店の布陣である。
スタッフの制服は上が白の襟が立ったポロシャツで
洗濯が行き届いており、清潔感がある。
被っている帽子はネットの部分が襟足まで覆っていて
異物混入対策がされている。
スタッフに関しては相当なレベルでまるで「モデル店」?と思うほどだ。
幸楽苑2
選んだメニューは開けて一番目立つ場所にある
「味噌野菜たんめん」590円だ。
幸楽苑4
スープを一飲みすると
赤味噌の辛味噌、札幌ラーメンの味がする。
スープの底には挽肉がまばらに漂い

道産子系で味噌ラーメンを知った私には懐かしい味がする。
しかも、麺は西山風の黄色くて
表面がツルツルでモチモチ、ウエーブがかかっている。
バターのトッピングをすればよかった。
幸楽苑5
これはチェーン店だからといって馬鹿にできない。
税込みで637円ならばGOODである。
ただし「野菜」と銘打つならば、
小松菜などの青菜のトッピングか、

麺と相性が良い玉ねぎやもやしの山盛りの増量が欲しいところだ。
幸楽苑6
外食チェーンがしのぎを削っている餃子だ。
1皿237円で まぁ、箸休め程度である。
しかし野菜のスープがじんわり出てきて
調理としてはベストパフォーマンスなのだろうと思われた。
幸楽苑7
私は「リンガーハット」の標準化が素晴らしいといつも感心しているが
勝らずとも劣らない出来栄えである。
「幸楽苑」にはセットメニューがある。
西山風の麺は味噌限定なのかわからないが
味噌のレベルを考えれば通常の中華そばとライスセットも悪くないのではないか。
しかも値段は669円。
幸楽苑3
「幸楽苑」には驚いた。
「インター付近で食べるなら」の限定でいえば
リンガーハットを抑えて私のNO.1になったのだ。

2018年11月10日の訪問

食べログの情報はこちらから

このサイトの著作権は著作者のひめはるぜみにあり、
文章・写真の転用を一切お断りしております。  
Copyraight(c) 2018 himeharuzemi. All right reserved.



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

葛飾区青戸「慈恵会医科大葛飾医療センター カフェ・ド・クリエ」
この1年の間に秋のつるべ落としのように気力体力が衰えた伯母を
総合診療科目がある慈恵医大青戸に連れてきた。
老人は病院に行くのを嫌がる。
行くと必ず悪いところが見つかり、必ず薬を渡されるからだ。
薬漬けの毎日になり 何がなんだかわからなくなるらしい。
老人たちが飲んでいる薬の量は大変なもので薬局で
スーパーのビニール袋で渡されて帰るのだ。
正に医療保険制度は崩壊である。

慈恵医大は待ち時間が長いことで有名だ。
早く行っても予約時間からさらに遅れることが多々ある。
そんな時は1階で営業している「カフェ・ド・クリエ」で一休みすると良い。
181106青戸クリエ001R
今日は昼までかかってしまったので
軽食を食べることにした。
ジェノベーゼはバジルが猛烈に香っている。
パワーを付けるぞとチーズをたっぷりかけて食べる。
181106青戸クリエ002R
コーヒーを飲んでほっと一息。
カフェだから、ガッツリ食べたい人は向かない。
喫茶の軽食である。

2018年11月6日のランチタイム

食べログの情報はこちらから

このサイトの著作権は著作者のひめはるぜみにあり、
文章・写真の転用を一切お断りしております。  
Copyraight(c) 2018 himeharuzemi. All right reserved.

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

多摩センター京王ホテル内「中華 南園」五目あんかけ焼きそば1350円
 先日、娘親子と会い、家内のお見舞いに行った帰りに
一人暮らしで頑張っている母の様子を見に行った。
母は去年の状態より、相当回復してきたが、
老人は何がきっかけになって一気に痴呆症やその他の症状が出るかわからない。
油断大敵であるので、週に一回ずつ私と妹が訪問している。
火曜日に母が好きな食料を妹が届け、その他ヘルパーや訪問介護を利用している。
家の補修や足りないところを私がフォローしてきた。

11月4日、夜に行くと晩御飯は焼き芋のカットで3切れだけだった。
他にも材料やレトルトがあるはずだが、面倒らしい。
少し何か食べさせればならないと、
8日の振休に多摩センターの京王プラザホテルに連れて行った。
181108多摩京王ホテル中華012R
老人の好きなものは難しい。
以前好きだったものが、いつの間にか食べれなくなっていたりする。
食べられるものがどんどん少なくなってくる。
「京王ホテルの中華が美味しかった」という。
「南園」という店だ。
181108多摩京王ホテル中華011R
ホテルの中の店だから
値段はミディアムアッパーというところ。
多摩地区のデパートの飲食店の価格ラインだ。

母は以前美味しかったという「五目スープ900円」と
「あさりチャーハン1450円」を単品で注文した。
この値段は税込み価格。念のため。
181108多摩京王ホテル中華006R  
美味しいと喜んで食べている。
食べている間も沢山いろんなことをしゃべってくる。
老人はしゃべりたいことが沢山ある。
これは、父が生きていた時も同様だった。
それぞれが別々にしゃべりたいことをしゃべる。
会話にならなくても良い。聞いてもらいたいのだ。
181108多摩京王ホテル中華007R
あさりチャーハンは醤油味だ。
わざわざあさりでなくてもよいと思うが、母にはこだわりの料理らしい。

さて、私はいつもの「五目やきそば1350円」。
具だくさんで醤油味。
旨みが強く抜群である。
181108多摩京王ホテル中華008R
さすがはホテルの料理だ。
路面店やデパートに入っている店とは一線を画している。
「ここは旨い」と私が言うと
嬉しそうに母がうなずく。
181108多摩京王ホテル中華010R
本当はもっと足繁く通ってやりたいのだが
私にもいろいろやらなくてはいけないことがある。

定年すれば年金で暮らせた時代は遥か遠くになりにけり。
再雇用を受け働きながら、
できるだけ今までの恩を返し、新しい世代につなげていこう。

お母さん、今の状態をすこしでも長く続けていけるように
皆で頑張っていこうね。

2018年11月8日(木)ランチタイムの訪問

以前の訪問記事はこちらから
食べログの情報はこちらから

このサイトの著作権は著作者のひめはるぜみにあり、
文章・写真の転用を一切お断りしております。  
Copyraight(c) 2018 himeharuzemi. All right reserved.


テーマ:中華料理 - ジャンル:グルメ

立川駅エキュート「雲吞好」肉野菜麺醤油モーニングで590円
 今日の朝ご飯は久しぶりに立川駅の駅そばにしようと考えていた。
ところが青梅線側の突き当りに蕎麦屋が見つからない。
はてなと周りをきょろきょろして見回した。
通路が違っていたことに気が付いた。
青梅線のホームと南武線のホームには蕎麦屋があるが、そこまではこだわっていない。
「雲吞好」に入ることにした。
181106立川駅雲吞好010R
モーニングは100円引きらしい。
肉野菜わんたん麺690円(マイナス100円)を選んだ。
181106立川駅雲吞好002R
待ち時間は若干かかる。
エキュートだから高回転を目指し
料理もあっという間に出てくるのではないかと思われるが、
いや、普通で10分以上かかっている。

しかし、出てきた肉野菜わんたん麺のスープが旨い。
醤油味の注文に塩味が勝ったスープだった。
181106立川駅雲吞好003R
ところが麺が私の好みではない。
表面がつるつるして、なおかつ硬めで腰がきちんと残っている。
自宅で食べている冷凍麺に似た食感がした。
181106立川駅雲吞好005R
雲吞は特徴がない。
不可もない。
181106立川駅雲吞好006R
半分食べたら、ガンラー粉と四川山椒を加える。
確かに味覚が刺激されて、楽しい。
塩味ならばさらに旨いだろうと想像できた。
181106立川駅雲吞好004R
スープが旨かった分、逆に不満足感が残った。

後で「雲吞好」を検索すると、
ラムラグループという企業集団の1ブランドであった。
「雲吞好」は立川エキュートに1店しかなかった。

2018年11月6日の朝モーニング訪問

食べログの情報はこちらから

このサイトの著作権は著作者のひめはるぜみにあり、
文章・写真の転用を一切お断りしております。  
Copyraight(c) 2018 himeharuzemi. All right reserved.

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

立川駅南口関東風おでん「でん助」お疲れ様セット
 立川駅南口 日曜日に歩いていると
昼間から開いている居酒屋がある。
競馬ファンで賑わっているようで、入店をためらっていた。
「でん助」
181106立川関東風おでんでん助001R
今は火曜日の夜。
競馬ファンはもちろんいない。
時間が早いせいかお客さんも少ないので入店してみた。
181106立川関東風おでんでん助005R  
いきなりの飛び込みだから、何がいいのか情報は全く持っていなかった。
お品書きを見ると一般の居酒屋と大きく違う。
馬刺しと関東おでんの店であった。
181106立川関東風おでんでん助003R   
何がいいかとお品書きをさらに見ていくと
お疲れ様セット790円があった。
ではとりあえず、「お疲れ様セット」だ。
181106立川関東風おでんでん助002R
お疲れ様セットで中ジョッキを選び飲んでいると
(缶ビール1缶分ぐらい)
おでんが出てきた。良く煮込んであり全体的に黒い。
「これが関東炊きか」
正油の黒さが好みでない私はげんなりだ。
さらに嫌いなちくわぶが、
しかも角が取れそうになるほどグタグタになっている。
181106立川関東風おでんでん助004R
東京の下町育ちの家内にとっては大好物だそうだ。
好き嫌いがはっきりする味付けである。
串揚げは、玉ねぎとハムカツだ。
181106立川関東風おでんでん助006R
安定した料理だから、可も不可もない。
ただ、小さいから物足りなく思う。
中ジョッキは量が少ないからあっという間になくなり
アルコールの補充をする。
181106立川関東風おでんでん助008R
ホワイトホースハイボールでシングルだ。300円。
ハイボールで使うウイスキーは各店様々であるが
ホワイトホースは薄めても、ホワイトホースらしさが残り
結構おいしいと知った。
181106立川関東風おでんでん助009R
昼間は定食だ。
値段が手頃でおいしそうだ。
今度こちらも試してみよう。

2018年11月6日 夜6時の訪問
夜になってやっと冷たい雨が上がった。

食べログの情報はこちらから

このサイトの著作権は著作者のひめはるぜみにあり、
文章・写真の転用を一切お断りしております。  
Copyraight(c) 2018 himeharuzemi. All right reserved.

テーマ:居酒屋巡り - ジャンル:グルメ

文京区博多ラーメン「一竜」替え玉無料
 東京は久しぶりのまとまった雨になった。
午前中は家内が面倒を見ていた伯母の病院に付き添った。
東京に身寄りがない高齢の一人暮らしの伯母を
姪である家内が面倒を見てきたが
自分が入院してしまったので私がリリーフしている。

私の実母も一人暮らしをしてもらっている。
最近食欲が落ちてきたので痴呆症がいよいよ始まったのかと心配して
週に一度ずつ妹と交代で様子を見に行っている。
本人も調子があまりよくなく、もっと来てもらいたいと思ってあるはずであるが、
「あんたは疲れているから、私は良いから、休みなさい」という。
「あんたが倒れると、Mさんが困るから」と心配してくれる。
歳を取っても母親は母親である。

さて、午前は伯母の病院にいったが、診察が終わって薬をもらうと
すでに2時半を回っていた。
そこから移動してお茶の水に着いたら午後3時過ぎだ。
昼飯を食べようにも、ランチタイムは終わり、「支度中」の札が出ている。
お茶の水から北に向かい交差点で偶然見つけたラーメン屋「一竜」に飛び込んだ。
九州ラーメン、博多ラーメンは久しぶりだ。
181106文京区一竜002R
しかも看板によると「元祖博多中州屋台ラーメン」だ。
たぶん一番ベーシックだろう思われた「中州屋台ラーメン730円」を自販機で購入し
カウンターに座って、
硬さ、濃さ、脂ともすべて普通で注文した。
181106文京区一竜003R
スタッフは「秘伝の赤ダンプラス30円」をすすめてくる。
博多屋台ラーメンに詳しい人は共有されている単語かもしれないが
私にはよくわからなかった。
そして何よりもベーシックを食べたいので
お断りさせてもらった。
181106文京区一竜004R
出てきたラーメンは美味そうだ。
表面に浮いている脂まで旨い。
これぞ博多ラーメンというばかりだ。
181106文京区一竜005R
麺の硬さは普通で注文したが、
ドンピシャの硬さだ。
私は通常「硬め」で食べることが多い。
その硬めとドンピシャである。
181106文京区一竜006R
当然の替え玉だ。
二玉まで無料だから大食いは試してみたらどうだろう。
替え玉だから量が少ないということはない。
私は一玉で十分だった。
181106文京区一竜007R
美味しくいただいた。
「開いてて良かった」
今度はセットでチャーハンと餃子も食べてみようと思うのだった。
181106文京区一竜008R

2018年11月6日 水 午後3時半の訪問

食べログの情報はこちらから

このサイトの著作権は著作者のひめはるぜみにあり、
文章・写真の転用を一切お断りしております。  
Copyraight(c) 2018 himeharuzemi. All right reserved.

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ