プロフィール

ひめはるぜみ(多摩)

Author:ひめはるぜみ(多摩)
故郷 多摩地区を中心に 食べ歩いたお店や料理を中心に描いています。最近のコンデジはレベルがあがり、写真の技術が伴わずピンボケ写真になっていますが、それも 愛嬌。ご容赦ください。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

来店者数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

多摩 我が愛しのお店②
東京多摩地区を中心に 楽しいお店・美味しいお店・あれっ?なお店を書いています。私の主観による感想で、情報提供をするサイトではありません。私の忘備録の日記です。
日野三沢「インド・ネパール料理カトマンド」ディナータイム
170225日野カトマンド004R
先日、久しぶりに訪問した日野三沢にある「カトマンド」。
料理が美味しくなっていたというと、カレー好きの娘が連れて行けという。
ホームセンターのヤサカの前の交差点に店はある。
170225日野カトマンド005R

170225日野カトマンド006R
私はデリーセット1100円、女性陣はレディセット1350円だ。
娘はチーズナンにし、家内は通常のナンだ。 170225日野カトマンド007R
サラダにマンゴーラッシーを飲みながら料理を待つ。
だが、料理はなかなか出てこない。
インドネパールレストランでも人手不足なのだろうか。
最近、飲食店で料理を待たされることが多い。
170225日野カトマンド008R
私はチキンティッカマサラを普通の辛さで注文した。
チキンティッカマサラは、
カレースパイスが利いた美味しいチキンシチューのようだった。
カレーとは辛いだけでなく、甘さやほかの要素が入ることを知った。
170225日野カトマンド011R
娘は大好きなシーフードだ。
丸いのはチーズナンだ。
170225日野カトマンド010R
家内はマトンを選んだ。
時間が遅れて出てきた。
味はチキンティッカマサラとベースが一緒で
シチューと言われればそれも納得してしまう。
170225日野カトマンド012R
どれもが美味しいが、チキンのおいしさが際立っている。
ナンはふっくらとして、甘い。

やっぱり料理の味が良くなっている。
日本人好みのおいしい味だ。
今、おすすめのインドネパールレストランは「カトマンド」。

2017年2月25日夜の訪問

以前の訪問記事はこちらから

食べログの情報はこちらから

このサイトの著作権は著作者のひめはるぜみにあり、
文章・写真の転用を一切お断りしております。
  
Copyraight(c) 2017 himeharuzemi. All right reserved.


テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

昭島フォレスト・イン昭和館「中国料理花林」ランチで満足
 昭島にあるフォーレスト・イン昭和館は多摩地区代表するホテルで、
結婚式や結納などに使われている。
何言おう、我が愛娘の婚約の食事会は、彼と2人で相談して車屋を使ったのだ。
略式ながら、店のスタッフが協力してくれ、温かい会になった。
170226昭島昭和館001R
家内は友人と洋食や中華を楽しんでいるらしいが
サラリーマンの食事には相当無理がある。
私は初めての「中国料理花林」となった。
170226昭島昭和館003R

170226昭島昭和館002R
予約なしに行ったが席は満員だ。かろうじて席につけた。
日曜日は絶対予約が必要だ。

お昼の定食「落葉」を注文し、他に3つほど単品で注文したが・・・
入店して最初の料理が出てきたのは40分後だった。

定食の流れで料理が出てくる期待は見事に裏切られて、
出しやすいものから出してくる風だ。

蒸しどり、酢豚、青椒肉絲
それぞれ2~3人前で値段は2000円強だ。
170226昭島昭和館005R

170226昭島昭和館009R

170226昭島昭和館010R
しかし、どれもが旨い。

値段相応といえば相応だが、どれもが街の中国料理屋さんとはちょっと違う。
私の好物の酢豚の豚肉は同じ大きさの棒状に切りだして
柔らかい上に味が染みている。球形の野菜はらっきょうで
ピーマンの甘さと酸っぱさと玉ねぎの爽やかさがお互いを引き立てている。

料理は旨いが、料理が出てくるのは遅い。
ここも人手が少ないのだろうか。
一流のホテル「オークラ」のグループなのに。

やっとお昼の定食が始まった。
170226昭島昭和館006R
特に春巻きは旨く、お替わりしたくなる。
ザーサイは少なすぎる。
170226昭島昭和館007R
私と彼が選んだメインは、エビとブロッコリーだ。
海老のぷりぷり感が素晴らしく旨い。
170226昭島昭和館008R
家内のは白菜のクリーム煮だ。
170226昭島昭和館011R
娘のは、マーボー豆腐のようなもの。
皆がそれぞれ口々に「分けてあげようか」という。
170226昭島昭和館012R
デザートに杏仁豆腐が出れば、ランチは終わりだ。
〆のデザートで感激は終わるはずだったのだが
この杏仁豆腐が期待外れだ。今までの料理のレベルから大幅にダウンだ。

まぁ、そういうこともあるから外食するのは楽しいものだ。
今日の御代金は4人で飲み物なしで16000円也。
170226昭島昭和館004R
ロビーから庭園を望むと、教会に花嫁さんが歩いていく。
真っ白なウエディングドレスが池に映り美しい。

多摩地区随一のホテル「フォーレスト・イン昭和館」
たまには、贅沢してもいいよね。

2017年2月26日の訪問

食べログの情報はこちらから

公式サイトはこちらから

このサイトの著作権は著作者のひめはるぜみにあり、
文章・写真の転用を一切お断りしております。
  
Copyraight(c) 2017 himeharuzemi. All right reserved.


テーマ:中華料理 - ジャンル:グルメ

東大和「ラーメン大冬樹」煮干しラーメン旨し
 この数日、美味しいワンタンメンを食べたくて仕方がない。
直ぐに喜奴屋が頭に浮かんできたが
他の店も開拓したくなる。

東村山の讃岐うどん「こげら」のご主人が暇な時間にツイートしている中に
東大和のラーメン屋「大冬樹」があった。
旨い店のご主人がツイートしている店だ、旨いに決まっている。
煮干しがベースの店らしいがワンタンメンもあるかもしれない。
行ったことがない店なので行ってみよう。
170228東大和大冬樹007R
場所は東大和中央4丁目の交差点のそばだ。
駐車場が数台あるが、運転技術が必要な場所になっている。
170228東大和大冬樹009R
残念ながら、ワンタンメンはないが
魅力的なメニューがわかりやすく看板に紹介している。
表現力が高さは、チェーン店なのだろうかと思わせるほどだ。
170228東大和大冬樹010R
店は小さく、十数人で満員となる。
そこにスタッフが複数名いるから、人件費率との闘いとなりそうだ。
ただ12時を回るとすぐに満員となり、待ち時間が生じる人気店だ。
170228東大和大冬樹002R
私は左の煮干し中華そばスペシャル1000円。
同僚は右煮干し中華そば700円に奥のローストビーフ丼370円にした。
スープは濃い煮干しで
独特な苦みがあとからやってくる。
この苦みは嫌味な味でなく、一種の計算された風味付けのように感じる。
170228東大和大冬樹003R

170228東大和大冬樹005R
チャーシューは皮つきでゼラチン質が半透明で本格的中国料理のようだ。
玉子の色の濃さやメンマの食感の良さから
相当なバックボーンを感じ取られる。
170228東大和大冬樹004R
麺は中太で若干のウエーブだ。
この麺とスープがよく合い、抜群のバランスだ。
同僚が食べるローストビーフ丼から肉を1枚もらう。
170228東大和大冬樹013R
オーストラリア産の硬い肉で野性味があると想像していたが
柔らかくて、下味がつけられて上品なレストランの味になっている。
引き出しが多い店だ。
170228東大和大冬樹011R
テーブルの上には店主のプロフィールがある。
この手のものは滅多に見ないが
ブロガ―やSNSの発信を狙っているのだろう。

iPhone世代の繁盛店の作り方だ。
美味しいものを作る。
写真の材料が複数用意すると、勝手に発信されていく。

私は喜んで店主のトラップにかかっていくのだ。

2017年2月28日ランチタイム

食べログの情報はこちらから

参考ブログ「ZATSUのラーメン」はこちらから

このサイトの著作権は著作者のひめはるぜみにあり、
文章・写真の転用を一切お断りしております。
  
Copyraight(c) 2017 himeharuzemi. All right reserved.


テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

東大和らーめん「青葉」コスパ悪し、残念
 青葉はおいしいつけ麺とらーめんの店だ。
有名すぎる中野が本店の名店だ。
八王子に店ができたときも急いで家族で出かけたものだ。
170225東大和青葉001R
東大和市新青梅街道にも、青葉がある。
しかしどうだ?
店でこんなに味に開きがあるのか。
いや、きっと、あまりにも久しぶりなので、
私の舌が馬鹿になってしまったのだろう。
170225東大和青葉002R
食券は普通のラーメンで730円だ。
量は普通だが、男性客は大盛を食べている人がおおそうだった。
170225東大和青葉003R
豚と魚介のWスープは変わらないおいしいさだ。
ただ、なんとなくコクが無くなったような気がした。
麺はもちっとしているが、ゆで方はBESTではない。もっとおいしいはず。
170225東大和青葉004R
この青葉の自慢の麺とスープの相性が妙にしっくりこない。
おかしいなぁと同僚二人と店を出た。

「不味くはないんだけど・・・・
青葉ってもっと上のほうにあるよね。」

2017年2月27日ランチタイム

食べログの情報はこちらから

このサイトの著作権は著作者のひめはるぜみにあり、
文章・写真の転用を一切お断りしております。
  
Copyraight(c) 2017 himeharuzemi. All right reserved.


テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

高幡不動「マロニエ」で小さな誕生日のケーキを買う
 今日は疲れた。
仕事を休んで、母親を病院に連れていき診断を受け
その後父親の様子を見に病院に行った。
身体も疲れたが、精神な疲労が大きい。

ふと、高田渡の山谷ブルースの歌詞を思い出した。
「今日の仕事はつらかった。
あとは焼酎あおるだけ」
170224高幡不動マロニエ001R
一緒に付き合ってくれた妻の誕生日に何の準備もできていない。
帰り道にケーキを買うことにした。
高幡不動には2軒のケーキ屋がある。
今日は優しい感じの「マロニエ」で小さなケーキを買うことにした。
170221高幡不動マロニエ001R
夕方のマロニエは在庫が抑えられていた。
売れる分だけ作って売るのだろう。
ケーキの賞味期限は当然当日中で
もし残ったら大変なことになると他人事ながら心配してしまう。
170221高幡不動マロニエ003R

170221高幡不動マロニエ004R
我が家はこの数年、誕生日にはマロニエのケーキを買っている。
庶民のお祝いの日に華を添える。

マロニエのケーキは優しい味がする。

2017年2月21日の訪問

以前の訪問記事はこちらから

食べログの情報はこちらから

このサイトの著作権は著作者のひめはるぜみにあり、
文章・写真の転用を一切お断りしております。
  
Copyraight(c) 2017 himeharuzemi. All right reserved.


テーマ:スイーツ - ジャンル:グルメ

立川駅南口「日高屋」のテイクアウトは便利
 アメリカでは「テークアウト」は和製英語で通用しない、
「to go」というのですよ。そんなことを教えられ、
しかし実際に海外旅行に行くといつもの「take out」と言ってしまうのだ。
仮に「to go」であろうと「take out」であろうと
私の発音では伝わらず、ジェスチャーと顔の表情の勢いで持ち帰りを実現するのだった。

さて、立川駅南口にある「日高屋」でテークアウトをすることにした。
昔を知っている人なら東武マインでロッテリアがあった場所というだろう。
そのあと眼鏡屋になった場所だ。
商売が難しいか家賃が高い場所と見受けられ、テナントの入れ替えがあるビルである。
170224立川日高屋テイクアウト001R
そんな場所で「日高屋」は頑張っているなぁ。
お客さんがたくさん入っていて賑わっている。
私的には中華そば390円に興味はないが
ちょいと一杯ビールを飲んでいく店として最高なのである。
170224立川日高屋テイクアウト003R 170224立川日高屋テイクアウト002R
ショーウインドーをのぞくと餃子が2か所陳列になっている。
ビール以外にホッピーもウーロンハイもあるし、
アルコールを2杯飲んでつまみを2品で1000円前後の店なのである。

今日はテイクアウトで
餃子2つ(210円×2)、ニラレバ炒め460円、
チャーハン420円、から揚げ500円で
家族二人には十分すぎる量だった。
170224立川日高屋テイクアウト005R
味は?  値段から考えれば CPが非常に高い。
これはこれで「アリ」なのだ。

「日高屋」・ ・ ・ 馬鹿にできないなぁ。

2017年2月24日夕方の訪問

以前の訪問記事立川北口店はこちらから


食べログの情報はこちらから

このサイトの著作権は著作者のひめはるぜみにあり、
文章・写真の転用を一切お断りしております。
  
Copyraight(c) 2017 himeharuzemi. All right reserved.

テーマ:中華料理 - ジャンル:グルメ

東村山「うどん 野口製麺所」地元の味にびっくり
 有名な人気店で食事をしたとたんに
この店は食べログで何点でどう評されているのかスマホを見てしまうことがある。
基本、私は店に入るときネットの達人や友人のおすすめを参考にすることはあっても、
食べログは住所を知る手段にしか考えていない。
しかし、まれに、あまりにも自分のイメージと違っているいたとき、
他の一般のお客さんたちはどう思うのかとみてしまうことがある。

東村山の「野口製麺所」はそんな店だった。
170224東村山野口製麺所001R
細い道をくねくね走って住宅と畑の間に
「野口製麺所」はある。
店の後方に駐車場があるが、台数は少なく狭い。
3ナンバーの大きな車は狭く切り返しが難しい。
170224東村山野口製麺所004R
日が差し込む店にはカウンターとテーブルと小上がりで
収容人数15人くらいの小さな店だ。
土日は混むことが必至だろう。
「東村山地粉肉汁うどん800円」を注文して
出来上がり間におでんを食べることにした。
170224東村山野口製麺所005R

170224東村山野口製麺所006R
巾着は120円、串(豚にしては硬いのでひょっとしていのしし?)120円。
ロールキャベツ80円。完全セルフサービスである。
非常にしょっぱい。
醬油の勝った関東風の汁で、最近食べた中では一番の特徴だ。
170224東村山野口製麺所007R
出てきた饂飩は何か違う。見ると湯気が立っている。
うどんが熱いのだ。
肉汁うどんというと、冷たい麺で熱いつゆに浸けるのが一般的で
熱い麺が欲しいときは「熱いので」と注文するかと思っていた。
何故、何も言わないのに熱いうどんなのか?
秘密はお品書きの色にあった。
赤字は熱いうどん。青字は冷たいうどん。
黒字はどちらもありだそうだ。
黒字の肉汁は、何も言わないと熱いうどんが出てくるようだ。
170224東村山野口製麺所002R
合点がいかないが、時間をかけるとうどんが不味くなるので
食べていくことにする。
具たくさんのしょっぱいつゆに浸して食べるが
食べなれている武蔵野うどんの肉汁とは少し違う。
170224東村山野口製麺所009R
また、お品書きを見る。メニューのライン的には讃岐うどんだ。
「東村山だから肉汁」ではなく「卵ぶっかけ」など食べるほうが
感激があったのかもしれない。

今日は狸か狐につままれた気分だ。
今度は違うメニューを試そうと、強く思うのだった。

2017年2月24日のランチタイム

食べログの情報はこちらから

参考ブログ「もみーのうどんレポ」はこちらから

参考ブログ「ぐーたりの舌《武蔵野うどん探検記》」はこちらから

このサイトの著作権は著作者のひめはるぜみにあり、
文章・写真の転用を一切お断りしております。
  
Copyraight(c) 2017 himeharuzemi. All right reserved.



テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

お台場グランドニッコーホテルビュッフェ食べる
嫁に行った娘と婿さんを誘って
久し振りに晩飯を食べようか。
たまにはホテルがいいかも。
東京の東に住む娘夫婦と東京に西に住む老夫婦は
お台場のグランドニッコーホテルで待ち合わせることにした。

 170219お台場グランドニッコー002R
ニュージーランドフェアをロビーカフェ「ル・ブーケ」が開催しているというので
日曜の夜、ビュッフェスタイルに予約を入れて訪れた。
ホテルのビュッフェやバイキングで楽しみなのは
普段我が家の食卓に出てこない西洋料理があることだ。
特にパンやバター、チーズ。サーモン、オリーブなど好物が沢山あるからだ。
ましてや、「ニュージーランドフェア」とくれば、相当なものだろう。

と、期待したのだが。
ニュージーランドのイメージが付いてこなかったのだ。

2017年2月19日ディナータイム

食べログの情報はこちらから

公式サイトはこちらから

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

東村山市 讃岐うどん「こげら」ランチ500円
 今日は何を食べようかな?
先週、今週と飲食に金を使いすぎたという反省もあって
「500円」で食べられる店に行こうとする。
安楽亭の500円のファミリーカルビランチか
吉野家に行くか
170223東村山こげら001R
そうだ、こげらでセットを食べることにしよう。
TKGとてんぷらがあって並みで500円だ。
170223東村山こげら002R
先に玉子かけごはんが出てくる。
黄身の色はカラーグレードで図ることがあるが
この黄身の色はまっ黄色の13~14に当たりそうだ。
170223東村山こげら004R
ゲソ天にはさみをいれ
ぶっといまま食べる。これは楽しい。
170223東村山こげら005R
そして、かけで「ひやあつ」を食べる。
冷やしたうどんをあたたかいつゆで食べるのだ。
おや、今日の塩分はこの間より薄めに感じる。
花粉症のせいで私の体調が変わったせいだろうか。
170223東村山こげら006R
500円でこのうどんとTKGとてんぷら。
ありえない安さではないか。

明日も来ちゃおうかなっと

2016年2月23日ランチタイム

以前の訪問記事はこちらから

食べログの情報はこちらから

このサイトの著作権は著作者のひめはるぜみにあり、
文章・写真の転用を一切お断りしております。
  
Copyraight(c) 2017 himeharuzemi. All right reserved.


テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

吉祥寺蕎麦の名店「中清」で鍋焼きうどん
 吉祥寺の蕎麦屋に来たのは本当に久しぶりだ。
「中清」に来たらカツ丼を食べよう。
「蕎麦屋なのにカツ丼を褒められてもなぁ」と大旦那は言っていた。
その大旦那と女将は歳を取ったので息子に代を譲り、
自分たちは一歩後ろに下がるという。

まだまだ、若い。もっと楽しませてくれよ。

定年が近くなり、会社の温情で働かせてもらうようになった私は
中清の大旦那の活躍をうらやましいと思い、素敵だなと思うようになっていた。

まだまだやれるよ。
一線で働いてほしいと私の希望をかなえてくれ。
1702018吉祥寺中清001R

1702018吉祥寺中清01R
今日も車の運転は私だから
酒は・ ・ 我慢 ・ 我慢
メニューから「カツ丼」を選び注文すると
1702018吉祥寺中清002R
「御飯が少ないのですが・・・小盛の蕎麦が付きますけど」
と、花番さんが言う。
ご飯少なくってもいいよ。代わりに蕎麦がサービスされれば・・・と、中清贔屓の私は思う。
蕎麦も沢山食べられればいいなというスケベ根性が現れた。
花番さんが厨房に入ると
「ごはんは2~3口しかない」という声が聞こえた。
つまり、カツ丼は無理だということだろう。
中清は大好きな店だ。では、気を取り直して
ご馳走の鍋焼きうどんにしよう。
「時間をいただきます。」「おう、いいよ。」と20分くらい待つことになる。
1702018吉祥寺中清003R
中清の鍋焼きは鉄鍋だ。
贅沢で恰好が良い。特にかまぼこのギザギザが素晴らしい。
スープは関西人が嫌がる醤油味だ。
関西人は嫌がるが関東人には大好きな味だ。
1702018吉祥寺中清008R
うどんは柔らかめ。
これなら関西人も美味しいというだろう、うどんの硬さと太さだ。
最後に好物の海老天を食べる。
身がしっかりして美味しいと思う。
1702018吉祥寺中清009R
食べ始めて少し経ったら、後の客がカツ丼を注文した。
花番さんが注文を取り厨房に入ると
「だから、御飯がないんだ」と話が聞こえる。
だったら、炊けばよかったのに・・・と、私。
私が注文した時はなくても仕方がないが、あれから20分以上たっている。
炊く気があれば後15分くらいでご飯が炊きあがったはずだ。

中清の蕎麦は確かに旨い。
蕎麦も旨いが、丼物の旨さは蕎麦に劣らない。
「丼を注文したい人はたくさんくるだろうに」と店を出た。

大旦那、大女将さん
あなたの活躍する場所はたくさんありますよ。
私の大好きな居酒屋兼蕎麦屋「中清」には
お二人の接客が不可避なのであります。
身体が動かなるまで店に出てほしいと思うのであります。

2017年2月18日のランチタイムの訪問

以前の訪問記事はこちらから

食べログの情報はこちらから

このサイトの著作権は著作者のひめはるぜみにあり、
文章・写真の転用を一切お断りしております。
  
Copyraight(c) 2017 himeharuzemi. All right reserved.


テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

多摩市聖蹟桜ヶ丘「カフェ ガーデン」
多摩市聖跡桜が丘駅付近で、駐車場がある飲食店を探して
ピザのサルバトーレコーモにたどりついた。そのとき
隣のハンバーガー「カフェ ガーデン」も駐車場が使えることを発見した。

1702016多摩カフェガーデン001R
こじんまりとした店ながら窓越しに中を見るといつも混んでいる。
しかも、おしゃれな店らしく圧倒的に女性客の割合が多い。
ランチメニューから「ハンバーガーランチ」で
「「パインバーガー780円」を選びしばらく待つことにした。
1702016多摩カフェガーデン006R
カフェガーデンはハンバーガーショップだ。
私たちの年代でハンバーガーというとマクドナルドに代表される
ファストフード店のことで、注文したらすぐに出てくると考えてしまうが
ハンバーガーだって本当はちゃんとした料理だ。
少々時間がかかるのは当たり前だ。
1702016多摩カフェガーデン011R
プレートで運ばれてきたのは
ハンバーガーとポテトチップだ。
ポテトチップは自家製のようだが、油が染み込みすぎで
シニアにはつらい。
1702016多摩カフェガーデン014R
真ん中の黒っぽいものは肉で、上の黒っぽいものは
焼いたパイナップルだ。
ハンバーガーにパイナップル♪
ピコ太郎の替え歌にできるだろうかと頭をひねるが
想像力が無くなった硬い頭ではいいものは浮かばない。
して、ハンバーガーは美味しい。
値段相応のもので、満足感がある。
ただ若い男性には少し足りないかな。女性客の比率が多い所以であろう。

2017年2月16日のランチタイム

食べログの情報はこちらから

このサイトの著作権は著作者のひめはるぜみにあり、
文章・写真の転用を一切お断りしております。
  
Copyraight(c) 2017 himeharuzemi. All right reserved.



テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

多摩市「木曽路」の日曜ランチ
 聖蹟桜ヶ丘で気に入る飲食店を探しているがなかなか出てこない。
聖蹟桜ヶ丘は馴染みがある街のはずだが、
見つけられないのは何故だろう。

今日は母を誘って木曽路のランチを食べに来た。
高級しゃぶしゃぶ・すき焼きの飲食チェーンの「木曽路」だ。
量があると食べきれないので一番お手軽なランチ1500円にした。
1702012多摩木曽路001R
見栄えはいいものの、うまいものは一つもない。
不味いのではない。どれもが許容範囲なのだが、
感激するものが一つもないということだ。
1702012多摩木曽路002R
「いや、以前訪問した別の店はもっとおいしかったわ」と
木曽路をすすめた家内は言う。
店ごとにそんなに味が違うのかと思いつつ
日曜のランチは終了した。

「先日行った京王のレストランのほうが美味しかったわ」
「ごはんが美味しかったの」という。
母は気に入ったアイテムが一つでもあれば喜ぶ人なのだった。

2017年2月12日 日曜日のランチ

食べログの情報はこちらから

このサイトの著作権は著作者のひめはるぜみにあり、
文章・写真の転用を一切お断りしております。
  
Copyraight(c) 2017 himeharuzemi. All right reserved.



テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

小平「佳蕎庵」であなご鍋焼きうどん1900円
小平市青梅街道駅 佳蕎庵
贅沢三昧の
穴子鍋焼きうどん 1900円
1702010小平佳蕎庵012R
今週は体調が悪くて、月・火は頑張ったが水・木はダメだった。
気温が低い日、そして低気圧がやってくる日は首から肩に緊張が伝わり
頭や目まで違和感と痛みで何もできなくなるのだった。
治療内容を変え、薬を追加してどうにか過ごしてきた。

今日は天気の回復とともに体調が戻ってきたのでランチを食べに
小平青梅街道駅 佳蕎庵にやってきた。

1702010小平佳蕎庵001R
狙いはいつものランチだ。
佳蕎庵のランチは地元の野菜を使っていたり
ご主人のチャレンジ=遊び?の要素が加わったりしていて
その変化がたいへん楽しいのだ。

1702010小平佳蕎庵003R
ところが、数日前のSNSにすごく旨そうな鍋焼きうどんが投稿されていた。
いったいいくらなんだろうとお品書きから探し出すと
穴子鍋焼うどん 1900円が見つかった。

いかに旨そうでも、日頃はランチに1000円まで、
できれば800円以下でと過ごしている
サラリーマンのおじさんにとっては高根の花だ。

しばしの葛藤の後、思い切って注文すると
時間をもらってもいいですか?とご主人。
もちろんですよ。

1702010小平佳蕎庵021R
15分かかって運ばれてきた鍋焼きには
ふっくらとした穴子、地元の野菜がたっぷり、
自慢の岩手イーハトーブの卵が入り
なんとも豪勢だ。
「蕎麦屋のうどんですから細くて・・」と、ご主人ははにかみながら言うが
その目の奥に自信があるのを私は見逃さない。

饂飩は細くて柔らかい。
乳白色に鍛えられて、グルテンの力で腰がある。
とても美味い。

1702010小平佳蕎庵022R
穴子の身は柔らかいが崩れることがない。
上手に煮たなぁ~
身が厚く脂の乗りが十分だ。

一緒に連れてきてランチを食べている家内が
「試してみたい」ビームを出すものだから
少し分けると、
「美味しいわ、穴子って天ぷらか寿司屋でしか食べたことがなかったのに
こんなに美味しいものだったのね。」と感激する。

1900円はサラリーマンのランチとしては非常にハードルが高い。
しかし、食べる価値ありだ。
頑張った自分へのご褒美として食べてみよう。


2017年2月10日ランチタイム

公式サイトはこちらから

食べログの情報はこちらから

このサイトの著作権は著作者のひめはるぜみにあり、
文章・写真の転用を一切お断りしております。
  
Copyraight(c) 2017 himeharuzemi. All right reserved.

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

小平「佳蕎庵」でランチ(タイカレー)セット
 去年12月に入院した父親は、環境が変わったせいか
急激に痴呆症が進んだように思える。
実家で一人で住む母親は、バランスが崩れて
気持ちが不安定になっている。
親の面倒を見るのは当然だと頑張ってきたが
私と妻は正月の追突事故で受けたむち打ちで病院通いとなって
時間のやりくりに負担が来ていた。

「たまには美味しいものを食べたいわね」と彼女は言う。
結構旨いものを食べさせてきたと思っていたが、
必要なのは気分転換だろうと「小平 佳蕎庵」に連れてきた。
1702010小平佳蕎庵001R
今日はランチにしましょう。
タイカレーを昨日作っていたのはSNSで見ていたから
カレー好きの彼女は最初から狙ってきたのだ。
1702010小平佳蕎庵002R
「佳蕎庵」のカレーが非常に旨いことは
馴染みの客ならだれもが知っている。
牛筋カレーやエスニック風カレーのおいしさは
専門店に並ぶほどだ。
1702010小平佳蕎庵004R
タイ風カレーは色目は悪いがスパイシーさと蕎麦屋ならではの出汁が
加わり大変旨そうだ。
「もち麦のごはんがいい感じ。食べたほうがいいわよ」
と、妻が強く勧めるものだから1口食べて、
「スパイスの宝石箱や~」と叫ぶのだった。
1702010小平佳蕎庵007R
もちろん、佳蕎庵は蕎麦屋であるから
かけそばもいつもの通り旨い。
かけそばというのはシンプルだけに汁と蕎麦だけで評価が決まってしまう。
透き通った汁に出汁が香り、手打ちそばの甘さが加わってくる。

「佳蕎庵」は「わざわざ来る」蕎麦屋なのだ。
1702010小平佳蕎庵006R
最後に大好物のもずくをあっという間に平らげた妻はすっかり満足した。
それを見た私も嬉しい。
いろいろ大変なことは続いていくが
年寄り夫婦2人で頑張っていこうね。

2017年2月10日ランチタイム
妻のタイカレーランチ980円也

過去の訪問記事はこちらから

食べログの情報はこちらから

このサイトの著作権は著作者のひめはるぜみにあり、
文章・写真の転用を一切お断りしております。
  
Copyraight(c) 2017 himeharuzemi. All right reserved.


テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

さいたま新都心「青蓮」中華ランチ安くて量がある。
 170209さいたま新都心青蓮001R
さいたま新都心駅に降り立つと
あまりにも人工的な町並みで昭和生まれの私は居心地が悪い。
埼玉アリーナでのイベントやコンサートに訪れたり、
コクーンでイベントの手伝いをしたりするが、
駅の周りの高層ビルに入っている飲食店かコクーンの飲食ゾーンに入っている
ラーメン屋に入るのが常だった。

今日は大変寒い日だった。
明日は雪が降る可能性がニュースで繰り返し流されている。
と、いうことはむち打ちが完治していない私は、具合が非常に悪い。
埼玉アリーナの展示会に参加して商談をしていくが
体調と相談しながらの消極的な活動しかできない。

昼には温かいものを食べたいなぁ。
道路を渡ったビルに飲食ゾーンがあるのを思い出し
日高屋に入ろうとすると満員ではないか。
誰もが安くて温かいものを食べたいと思うのであろう。
仕方がないので奥にある中国料理店「青蓮」に入ることにした。
値段が高そうな感じがするが、実際には800円位で食べられるのだ。
170209さいたま新都心青蓮002R
「青蓮」は分煙の店だった。
喫煙席スペースがあり、常連さんらしきは、店に入ると「喫煙」と伝え
奥に歩いていくのだった。
日替わりランチから「黒酢のこく旨酢豚税込み820円」を選び、運ばれてくる間に
午後の商談の予定を確認して力を回復させることにした。
170209さいたま新都心青蓮003R
運ばれてきた酢豚の量は、想像していたより多くて驚いた。
酢豚定食をあちこちで食べてきたが、この量なら満足できるだろう。
黒酢ならではの、ねっとりとした甘酸っぱい味に御飯が進んでいく。

170209さいたま新都心青蓮004R
玉ねぎがもっと欲しい。
「いつもは肉がもっと欲しい」と言っており
「ランチだからこんなものだろう」と納得させていた。
しかし今日は違う。肉はいいから玉ねぎがもっと欲しいのだ。
170209さいたま新都心青蓮005R
食べ終わったころにドリップコーヒーが出てきた。
ほんの些細なサービスが仕事で疲れた気持ちを和ませる。

さて、頑張っていくぞ!と気持ちを奮い立たせた。
奮い立たせたが首は痛い。とぼとぼアリーナに向かい、
予約された午後の商談に向かうのだった。


2017年2月8日ランチタイム

食べログの情報はこちらから


このサイトの著作権は著作者のひめはるぜみにあり、
文章・写真の転用を一切お断りしております。
  
Copyraight(c) 2017 himeharuzemi. All right reserved.

テーマ:中華料理 - ジャンル:グルメ

国分寺弁天通り「勝蔵」ランチでメンチカツ
 立川・国立・国分寺の市境の弁天通りにある
とんかつ屋「勝蔵」は私たちシニア世代の好みの店だ。
170207国分寺勝蔵001R
美味しいご飯と味噌汁と漬物が揃っているだけで嬉しいのに
とんかつをはじめとする揚げ物は、さらっと揚がり
しつこくない。
170207国分寺勝蔵002R
同僚はBランチのロースかつを選び、
私は特製メンチかつ(700円税抜き)を選んだ。
170207国分寺勝蔵003R
箸袋の紋はどこのだろうか。
立ち沢瀉(おもだか)だから毛利藩に縁があるのか?
もしくは甲斐の国小山田信茂の縁のものか?
そんな話をしているうちにメンチかつが運ばれてきた。
170207国分寺勝蔵004R
御飯は中盛だから私達にはちょうどいいが
若い方には足りないかもしれない。
プラス60円で大盛もいいができれば無料サービスであると嬉しいなぁ。
170207国分寺勝蔵006R
私はとんかつ屋ではロースかメンチを食べることにしている。
たまには生姜焼きだって?要するになんでもいいのだ。
「勝蔵」の揚げ物は油に工夫しているのか、ラード比率が低いのかわからないが
サラリとしてシニアにはうってつけなのだ。

私と同僚にはリピート回数が多い店だ。
駐車場は約5台。行きやすい店なのだ。

2017年2月8日ランチの訪問

以前の訪問記事はこちらから

食べログの情報はこちらから

このサイトの著作権は著作者のひめはるぜみにあり、
文章・写真の転用を一切お断りしております。
  
Copyraight(c) 2017 himeharuzemi. All right reserved.


テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

西八王子「和菓子マルヤ」で恵方巻1本400円を買う
 今日は節分で世の中猫も杓子も北北東に向かって巻物にがぶりつく日になっている。
寿司屋や当然、和菓子屋やスーパー、コンビニエンスストアまで販売を強化している。
値段は1本500円位から豪勢なものは1000円を超えており
コンビニ戦略にマスコミが無料の広告を流し続けるものだから
すっかり日本の歳時記になったのだ。

コンビニエンスストアでは、朝から女の子を二人も出して
外で販売している。加盟店にノルマがあるとかないとかネットは炎上しているが
人件費が8千円×2人で16千円とすると
50%の儲けがあると考えても32千円売らなければならない。
 1本800円とすると40本売ってやっと損益が合う計算だ。
無理だろう。やる分だけ無駄であるから、ノルマがあるとしか考えられない。
170203西八王子マルヤ002R
さて西八王子の駅前の路地に「マルヤ」という和菓子・寿司屋がある。
当然、ここも恵方巻を販売する。1本400円の太巻きだ。
節分当日、午前中はショーケースに並んでいなかったので
販売員にたづねると、「すぐに作ります」とのこと。
170203西八王子マルヤ003R
作る間にショーケースを見ながら、大福(焼いて食べると大変旨い)と
いくつか、買い物をしつつ、待つ。
一人では食べきれない大きさで、二分の一にカットして
老夫婦となった二人で食べる。
170203西八王子マルヤ008R
豆まきをしなくなって、もう何年になるだろう。
狭い団地の思い出は、今もセピア色に染まらず
天然色総カラーでよみがえってくる。

孫ができたら一緒に豆まきをやりたいなぁ。
だが、思っているだけで娘に対して口に出すことはない。
彼女も自分の生活を懸命に過ごしている。
老夫婦はコウノトリさんが訪れるのを静かに待つのみなのだ。

2017年2月3日午前の訪問

食べログの情報はこちらから

このサイトの著作権は著作者のひめはるぜみにあり、
文章・写真の転用を一切お断りしております。
  
Copyraight(c) 2017 himeharuzemi. All right reserved.


テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

富士吉田「吉田うどん ふもとや」浅間神社ちかく
 170129富士吉田うどん017R
富士吉田で見る富士山はでっかい。
山の筋まではっきり見える。
私のデジカメでははっきり取ることができない眩いばかりの神々しさだ。
そのふもと、北口本宮冨士浅間神社の近くに
駐車場を持った吉田のうどん屋「ふもとや」がある。
ドラッグストアか家電屋さんかの居ぬきのような建物で
駐車場が入りやすいせいか、家族連れで混んでいる。
170129富士吉田うどん004R

170129富士吉田うどん005R
吉田うどんは安い。逆に1杯で満足する量ではない。
私は肉きんうどん(きんぴら)500円を選び
家内は肉天うどん500円を注文した。
170129富士吉田うどん010R
肉は馬肉、きんぴらが旨い。
うどんは硬い、硬いと聞いていたが
武蔵野うどんや讃岐うどんとさほど変わりない。
昔、他の吉田うどん屋さんで食べたのは
もっとごわごわで顎が外れそうだった記憶があった。
「ふもとや」は食べやすい硬さに変えている可能性も残しつつ・・・
170129富士吉田うどん015R
家内の肉天ぷらのかき揚げはパリパリだ。
天ぷらの油が染みて汁がいい感じになってくる。
170129富士吉田うどん009R
食べやすくて、いいのだが
本当に代表的な「吉田うどん」?とたづねたくなる。

吉田うどん初心者は、今度富士吉田に来たら
地元で人気のある店に行きたいと思うのだった。

2017年1月29日の訪問

食べログの情報はこちらから

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

中央道初狩パーキング「初狩ラーメン550円」人気NO.1
 八王子から中央高速に乗って遅い朝飯を食べよう。
談合坂パーキングエリアは値段が高いことは皆さんご承知だ。
おしゃれさえ考えなければ
1つ先の初狩パーキングエリアで食べたほうが懐に優しい。
170129はつかりパーキング001R
人気NO.1は初狩ラーメン550円だ。
亡くなった義父が好きだった味だ。
だから、このラーメンの味について云々いう輩は我が家族にはいない。
もしそんな事をいうと、家内から大変な指導を受けるのだった。
170129はつかりパーキング002R
きっと仕入れ業者の麺と既製品のスープなんだろうと思いながらも
不思議なバランスがとれており
これはこれで旨いのだ。
もっとも大したことないというのは禁句なのだ。言うまでもない。
ラーメンを食べて、富士山を見る。
170129はつかりパーキング008R
八王子方面から見る角度が少し違うだけで
形が違ってくるんだと いつも感心する。
どこから見ても
富士は日本一の山である。

2017年1月29日 朝の訪問

以前の訪問記事はこちらから

食べログの情報はこちらから

このサイトの著作権は著作者のひめはるぜみにあり、
文章・写真の転用を一切お断りしております。
  
Copyraight(c) 2017 himeharuzemi. All right reserved.




テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

日野「カトマンドレストラン」ナンが美味しくなっている
 170205日野カトマンド001R
久し振りにインド(ネパール)カレーを食べようと
日野高幡不動の「カトマンド」にやってきた。
ここは、居酒屋か蕎麦屋の後にできた居ぬきの店で
インドらしさ(ネパールらしさ)はあまり感じられない。

170205日野カトマンド002R
メニューを見ると以前と変わったように見えるし
女性スタッフもいない。
日曜だからいないのかな?とも思いつつ
日替わりカレー(チキンとブロッコリー)680円と
タンドリーセット1200円を選び待つこと15分。
170205日野カトマンド006R
でっかいナンとカレーが運ばれてきた。
ナンはふっくらとしてしかも甘い。
個人の好みだとミルクの甘みが強いほうが好きだが
このナンも充分に旨い。
今まで来た中では一番うまいのではないか。

170205日野カトマンド007R
カレーはキーマとチキンを選んだがどちらも良い味だ。
辛さは中辛でお願いしたが、若干辛い。
チリの辛さだから、料理人の匙加減の辛さなんだろう。
もう一段辛さ基準が低めでも良い。

170205日野カトマンド008R
チキンは骨離れが良いし、適度に切れ目が入っていて食べやすい。
余分な脂がすっかり落ちていて、これも食べやすい。

料理人が変わったか?
それとも経営者が変わったか?
値段が安い割に美味しい店になっていた。

2017年2月5日(日曜日)ランチタイム

以前の訪問記事はこちらから
食べログの情報はこちらから


このサイトの著作権は著作者のひめはるぜみにあり、
文章・写真の転用を一切お断りしております。
  
Copyraight(c) 2017 himeharuzemi. All right reserved.

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ